Bojan International

旅行記・乗車記・フェリー乗船記やアイヌ語地名の紹介など

春の道東・船と鉄路とバスの旅 2017 (205) 「由仁市街 →」

当て字が傑作な「草木舞沢川」を渡って栗山町に入りました。

【ご注意ください】この記事の内容は、特記のない限りは 2017 年 5 月時点のものです。

「雨霧橋」で夕張川を渡ります。「川端ダムのダム湖」と言ったほうが正確かもしれません。

ダム沿いの平地を北西に向かいます。前方に見えているのは道東道です。

ほぼ 90 度、あるいはそれ以上向きを変える深い左カーブを進みます。この先で道道 477 号「滝下由仁停車場線」が分岐するようです。

ここから由仁町

道道 477 号の起点を過ぎると、すぐに由仁町に入ります。厳密には「川端橋」の途中から由仁町なのですが、カントリーサインは橋の手前に設置されています。

「川端橋」は夕張川を渡る橋で、「川端ダム」よりも下流側にあります。そろそろ由仁町に入った頃合いでしょうか。

右カーブの途中に駐車場が設けられていました。ちょうど桜が満開ですね。

川端駅前を右に

国道 274 号は JR 石勝線・川端駅の前で右に進行方向を変えます。このまま直進すると道道 462 号「川端追分線」です。

苫小牧に向かうには直進で良さそうですが、札幌経由で小樽に向かうので、ここはもちろん右折です。例によって目一杯補正していますが、そろそろ限界が近づいてきたでしょうか……(汗)。

国道 274 号で三川に向かいます。青看板(106 系標識)は「札幌」と「北広島」の 2 箇所に絞られました。

18 時を回って、夕陽が彩りを増してきましたね……。

道内最終日に相応しい眺めになってきたでしょうか。そろそろ……あと 30 分ほどで沈みそうな勢いですね。

由仁市街 →

国道 234 号と交叉する三川の交叉点が近づいてきました。「ゆにガーデン」と「伏見台公園」の案内が立っていますが、この二箇所が由仁町の推しスポットと見て良さそうでしょうか。

青看板(108 系標識)の横にちょこんと「由仁市街 →」とあります。ちょっと気の毒な感じもしますが、青看板の地名のチョイスを見ると仕方がない……かも。

三川の交叉点を直進します。ここから先は、JR 室蘭本線をオーバークロスするために上り坂です。

「三川跨線橋」で JR 室蘭本線をオーバークロスします。

左カーブの手前にガードレールのついた中央分離帯が設置されています。対向車がスリップして正面衝突する危険性が格段に小さくなる、ありがたい設備ですね。

【おことわり】本記事内の写真は以下の目的のために Adobe Firefly の生成 AI による生成塗りつぶしを使用しているものがあります:フロントガラスへの映り込み除去

前の記事続きを読む

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International