Bojan International

旅行記・乗車記・フェリー乗船記やアイヌ語地名の紹介など

春の道東・船と鉄路とバスの旅 2017 (206) 「夕陽とトンガリ屋根」

千歳市に入りました。747 っぽいジェット機カントリーサインです。

【ご注意ください】この記事の内容は、特記のない限りは 2017 年 5 月時点のものです。

ロープウェイ?(違)

1.1 km ほど国道 274 号を走ると……

長沼町に入りました(早っ)。例によって逆光がえげつないのですが、

元はこんな写真だったのを……

なんとか絵柄がわかる程度に補正してみました。右下に見えるのはロープウェイでしょうか(違います)。

道道 870 号の謎

国道 337 号(道央圏連絡道路では無いほう)へのバイパスとなる道道 870 号「幌内三川停車場線」との分岐が近づいてきました。

この道道 870 号、国道 274 号と接続しているのか否かがびみょうな路線ですが、Google マップOpenStreetMap が「接続している」と描いているのに対し、地理院地図では「接続していない」(連絡道経由で接続)としているようです。100 m ほどの区間ですが、支線として認定されているか否かが焦点ですね。

(この背景地図等データは、国土地理院地理院地図から配信されたものである)

夕陽とトンガリ屋根

馬追丘陵を抜けると、まるで「天に続く道」のような一直線の道が……!

ちょうど夕陽の方向にトンガリ屋根が見えてきました。カントリーサインに描かれていたのはこの建物だったみたいですね。

どうやらこのトンガリ屋根は道の駅「マオイの丘公園」の建物みたいです。2020 年 3 月に、道の駅のすぐ先に「道央圏連絡道路」の「南長沼ランプ」が開通したので、現在は少し眺めが変わっているかもしれませんね。

殖民区画に準拠した一直線の道を進みます。実はこの写真、よーく見ると……

あっ。新千歳空港へのアプローチの最中でしょうか……?

不穏な蛍光色の看板

不穏な看板が立っていました。逆光で真っ黒でしたが、なんとか文字が読めるレベルまで補正してみました。

まぁ、これだけ直線区間が続けば、アクセルも開けたくなりますよね……。

こちらの装置ですが、ここもやはり 2018 年以降に撤去されているようです。

長い直線区間の、かなり西のほうに設置されていたみたいですね(周りにランドマークになりそうなものが少ないので、場所を特定するのに少々難儀しました……)。

夕陽と路線バス

長かった直線区間千歳川の手前で終了して……

千歳川を渡って北広島市に向かいます。ちょうど夕陽の方向に今度は路線バスが……!

前の記事続きを読む

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International