Bojan International

旅行記・乗車記・フェリー乗船記やアイヌ語地名の紹介など

春の道東・船と鉄路とバスの旅 2017 (208) 「みよしの!」

ついに札幌市内に入りました。上野幌駅のすぐ近くで千歳線の下を通過します。

【ご注意ください】この記事の内容は、特記のない限りは 2017 年 5 月時点のものです。各種サービスの実施状況や利用時間などが現在と異なる可能性があります。

千歳線の下を通り過ぎると、またしても左右に林が見えてきました。この林も「野幌原始林」に繋がるもののようです(道路などで分断されていますが)。

林が姿を消し始めて、再び左右に住宅が広がってきました。

道道 3 号「札幌夕張線」と分かれて、札幌新道に向かう国道 274 号からも離れて、道道 341 号「真駒内御料札幌線」(厚別滝野公園通)に入りました。日没後ですが、まだ空が明るいので昼間のようですね。

みよしの!

そろそろ夕食を……ということで、しばしの迷走の後、吉野家が見えてきました。

19 時過ぎになっちゃいましたが、ようやく夕食にありつきました。どう見ても牛丼ではなく「ぎょうざカレー」ですが……

吉野家の隣の「みよしの」で夕食をいただいた、というオチでした。

人も車も満タンに

気がつけば 20 時前になっていました。何をしていたのかという話ですが、「きょうの出来事」の記事を書いて写真をアップロードして……ということですね。

そして推定走行可能距離が 190 km ですが、フェリーで移動後、舞鶴港フェリーターミナルから自宅まで 200 km 近くを走行する必要があるので、これは明らかに燃料不足です。ということで……

札幌新道のガソリンスタンドで給油を行いました。これで人も車も満タンです。残りが 170 km になっていますが、これはそのうち更新されるということで……。

国道 274 号「起点」

あとは札樽道に入るだけ……です。国道 5 号・国道 231 号と接続する交叉点には……

国道 274 号の「起点」標識が立っていました。この日は鹿追町と、占冠村からずっと国道 274 号を走ってきただけに感慨ひとしおですね……。

小樽へ!

札幌北 IC(小樽方面)の入口が見えてきました。

ETC ゲートを通過して、札樽道の本線に合流します。

札幌西本線料金所の前を通過します。

【おことわり】本記事内の写真は以下の目的のために Adobe Firefly の生成 AI による生成塗りつぶしを使用しているものがあります:ダストノイズ除去、フロントガラスへの映り込み除去

前の記事続きを読む

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International