Bojan International

旅行記・乗車記・フェリー乗船記やアイヌ語地名の紹介など

春の新日本海フェリー「あかしあ」スイートルーム "くちきり" 乗船記(朝からウロウロ編)

洋上で新しい朝を迎えました。敦賀到着まであと 12 時間ほどですが、とことん船旅を楽しみましょう……!

【ご注意ください】この記事の内容は、特記のない限りは 2017 年 5 月時点のものです。各種サービスの実施状況や利用時間などが現在と異なる可能性があります。

「スイート」と「デラックス A」の各室にはプライベートデッキが用意されています。残念ながらデッキチェアなどは用意されていませんが……。

朝から盛大に手を抜いてガラス越しに海を撮影します。スイートルーム「くちきり」は右舷にあるので、朝日は見えない代わりに夕陽が見える……筈です。

現在位置は深浦町の沖合っぽいですね。地理院地図では奥尻島の東側を通るように航路が描かれていますが、実際には画面の通りに奥尻島の西側を通過しています。舞鶴行きの便だと、奥尻島の沖合は、舳倉島の沖合に近づくまでに電波を掴める最後のチャンスでした(この時点ではバリバリ圏外だった筈)。

決して安くはないスイートルームですが、朝・昼・夕の三回、グリルでの食事が付帯します。朝食は 8:30 からなので、5 甲板にあるグリル「霞」に向かいましょう。

ガラスはクリアな「スモーキングスペース」

6 甲板の通路は途中でクランク状になっているのですが、右側にガラス張りの部屋が見えます。

このガラス張りの部屋は「スモーキングスペース」です。左通路と右通路の間の明かり区画に設けられています。不自然なアングルの写真ですが、中に人がいたから……かも。

個室には湯沸かしポットが用意されていますが、給湯室も用意されています。

船内イベント案内

6 甲板の階段にやってきました。ちょいと階段を降りて 5 甲板に向かいます。

5 甲板の壁には「らべんだあ」のポスターの横に「ビンゴ大会」のポスターが貼られていました。このポスターの貼り方だと多客期に限らず通年で実施しているのでしょうか……?

「ビンゴ大会」の横には「ジャグリング」の案内が。これは多客期限定のイベントっぽいですね。

すべての道は 5 甲板後方に通ず

5 甲板の後方にはレストラン・プロムナード・グリル・カフェやオープンデッキ・大浴場など、共用施設の大半が集中しています。左舷側の通路には大浴場とレストランがあり、右舷側の通路にはプロムナード・グリル・カフェがあります。

グリルは右舷側の通路の先なので、後方に向かって左側の通路です。ピントが合ってませんね……(涙)。

通路の入口には「グリル・カフェ・オープンデッキ」と書かれているので、しっかり気をつけておけば道を間違えることはありません。

「プロムナード」へ

カフェ "Arc-en-ciel" のメニュー(の一部)が紹介されています。コーヒーだけではなく軽食も販売しているので、朝を軽めに済ませたい方にはおすすめです(が、例によって決まった時間しか営業していないので要注意です)。

5 甲板の右舷側(グリル前)の通路は「プロムナード」と呼ばれるエリアで、窓際にテーブルとチェアが並んでいます。海を眺めながら寛ぐことができる人気のエリアで、結構な確率で満席になっていることも。

【おことわり】本記事内の写真は以下の目的のために Adobe Firefly の生成 AI による生成塗りつぶしを使用しているものがあります:ダストノイズ除去、映り込み除去

前の記事続きを読む

www.bojan.net
Copyright © 1995- Bojan International