Bojan International

旅行記・乗車記・フェリー乗船記やアイヌ語地名の紹介など

網走郡美幌町

北海道のアイヌ語地名 (936) 「魚無川・庭庶無若・登栄川」

やあ皆さん、アイヌ語の森へ、ようこそ。 (この背景地図等データは、国土地理院の地理院地図から配信されたものである) 地図をクリックしたら地理院地図に飛べたりします。 魚無川(うおなし──) chep-sak-onne-nay魚・持たない・老いた・川 (典拠あり、…

冬の北海道の旅 (43) 「看板の裏側(美幌町編)」

美幌町の「仲町2」交叉点にやってきました。国道 39 号はここを左折して、その後 135 度ほど左にカーブして美幌 IC に向かいます。事実上の U ターンですね。 ちなみにこのまま直進すると国道 240 号で津別に向かいますが、この時は左折して網走に向かったの…

冬の北海道の旅 (42) 「ご覧のスポンサーの提供でお送りs(ry」

長かった北見市を抜けて、美幌町に入ります。……入るのはいいのですが、警告標識が埋もれかけていますね(汗)。 北見市と美幌町の境のところには、道内の要所要所で見かけるこの看板が。 美幌バイパスも絶賛通行可 名称不詳の緩やかな峠を越えると、国道 39 …

道東の旅 2013/春 (220) 「北見道路!リターンズ」

道民雑誌と言えば 美幌町高野から、北見市端野に向かいます。あ、「道民雑誌クォリティ」の看板が見えますね。 北見と言えば 北見市端野に入りました。ラグビーボールを持った玉ねぎがお出迎えです。このカントリーサインは良くできてますよね……(笑)。 いつ…

道東の旅 2013/春 (219) 「『美禽』と書いて『みどり』と読む」

北見まで 27 km 美幌町にやってきました……が、特に立ち寄る場所があるわけでも無く、このまま北見市へと向かいます(汗)。 北見まで 27 km で端野までは 20 km とのこと。明らかに修正した跡が見受けられるのですが、これはさすがに「北見道路」とは関係な…

道東の旅 2013/春 (218) 「美幌町へ」

美幌町へ 津別町をずーっと北上して、ついに美幌町に入りました。……美幌町はこの二日前(5/3)に訪れていたのですが、その時は「美幌バイパス」を経由していたのでした。市街地に入るのは「北海道(道東)の旅 2013/春」では初めてですね。 タイミング良く写…

アイヌ語地名の傾向と対策 (229) 「チャシポコマナイ川・木禽川・サラカオーマキキン川」

やあ皆さん、アイヌ語の森へ、ようこそ。 (この背景地図等データは、国土地理院の地理院地図から配信されたものである) チャシポコマナイ川 chasi-pok-oma-nay?砦・しも・そこにある・川 (? = 典拠あるが疑わしい、類型多数) 北見市東部、旧・端野町川向…

道東の旅 2013/春 (116) 「美女橋!?」

美幌をバイパスする「美幌バイパス」 国道 39 号を、ほんの少しだけ北西(北見方面)に向かって走ったところ、「美幌バイパス」の道路情報掲示板があったのですが…… 残念ながら「北見道路」「開通しました」の文字はありませんでした(← もはやコレクターと…

道東の旅 2013/春 (115) 「地元仕様の案内標識」

丘を駆け上がる 北見東 IC からは、道道 122 号線経由で美幌道路に向かいます。いかにも北海道らしく、まっすぐに伸びた道が丘を駆け上がっていきます。 ちなみに、この交差点を左折すると緋牛内(ひうしない)への近道だったりしますが、今回はパス……です。…

アイヌ語地名の傾向と対策 (73) 「端野・緋牛内・美幌」

今日はちょいとディープかも知れない(当社比)ネタを……。 端野(たんの) nup-hon-kes?野・腹・端 (? = 典拠あるが疑問点あり、類型あり) 北見市北東部の地名で、もともとは「端野町」という町だったところです(今は合併して「北見市」)。見たところ ta…

道東の旅 2011/春 (33) 「翼をください」

翼をください 美幌町の中心部にほど近いところで網走川を渡るのですが、 なんと、大空までたったの 14 km です。「大空町」は、いちぶの地名ファンにはあまりウケが宜しくない地名のようですが、空港のある「女満別町」と「東藻琴村」が合併した際に、なぜか…

道東の旅 2011/春 (32) 「町境のそこそこ長いトンネルを抜けると」

新佐呂間トンネル 引き続き、国道 333 号線を北見(端野)に向けて進みます。 最近(いつだっけ?)開通した新佐呂間トンネルに向かう道は、ゆるやかなカーブとゆるやかな上り坂が続くのですが、きちんと「ゆずり車線」が用意されているので助かります。 「…