Bojan International

旅行記・乗車記・フェリー乗船記やアイヌ語地名の紹介など

新日本海フェリー「あかしあ」乗船記

春の新日本海フェリー「あかしあ」スイートルーム "くちきり" 乗船記(お部屋編 その2)

リビングの 3 人掛ソファーに腰掛けると…… 【ご注意ください】この記事の内容は、特記のない限りは 2017 年 5 月時点のものです。各種サービスの実施状況や利用時間などが現在と異なる可能性があります。 液晶テレビを見ることができます。「あかしあ」のス…

春の新日本海フェリー「あかしあ」スイートルーム "くちきり" 乗船記(お部屋編 その1)

スイートルーム「くちきり」の中に入ります。入口の正面にはすりガラスの衝立があり、通路から室内の様子が見えないようになっています。 【ご注意ください】この記事の内容は、特記のない限りは 2017 年 5 月時点のものです。各種サービスの実施状況や利用…

春の新日本海フェリー「あかしあ」スイートルーム "くちきり" 乗船記(キー受け取り編)

車輌甲板に車を停めたら、まずは「客室入口」を探すところからです。前方右側に「客室入口」の看板が見えていますね。 【ご注意ください】この記事の内容は、特記のない限りは 2017 年 5 月時点のものです。各種サービスの実施状況や利用時間などが現在と異…

春の新日本海フェリー「あかしあ」スイートルーム "くちきり" 乗船記(車輌甲板編)

小樽港フェリーターミナルの 1F には、右から「ニューあかしあ」「はまなす」「フェリーあざれあ」の模型が置かれているのですが(よく見ると台座?の形がバラバラで面白いですね)…… 【ご注意ください】この記事の内容は、特記のない限りは 2017 年 5 月時…

春の新日本海フェリー「あかしあ」スイートルーム "くちきり" 乗船記(小樽港 FT 編)

札樽道の小樽 IC を抜けて、そのまま道道 17 号「小樽港線」に入りました。勝納(かつない)町の交叉点を右折して…… 【ご注意ください】この記事の内容は、特記のない限りは 2017 年 5 月時点のものです。各種サービスの実施状況や利用時間などが現在と異な…

春の新日本海フェリー「あかしあ」スイートルーム "うすもの" 乗船記(下船編)

美味しい夕食を頂いたので、そろそろ部屋に戻ることにしましょう。小樽港到着は 20:45 の予定なので、船内に居られるのもあと 1 時間と少しです。 新日本海フェリーの「あかしあ」と「はまなす」では、個室の鍵はシリンダータイプです。カードキーではないの…

春の新日本海フェリー「あかしあ」スイートルーム "うすもの" 乗船記(夕食編)

夕食の予定は 18:30 からでした。あと 5 分ほど……なのですが、とてもそのようには見えない写真ですね。実際に 18:24 頃に撮影した写真なのですが……。 5F グリルにやってきました。朝食のときと同じく、中ほどにある 4 人席に案内されました。 テーブルには「…

春の新日本海フェリー「あかしあ」スイートルーム "うすもの" 乗船記(幻の島編)

船内での過ごし方ですが、午前中は「朝食」→「クイズラリー」→「僚船すれ違い」の後、1 時間ほどで昼食の時間になるので、実は昼寝をするほどの余裕は無かったりします(ビンゴ大会もあったかも)。 一方で、午後は時間固定のイベントはそれほど多くありませ…

春の新日本海フェリー「あかしあ」スイートルーム "うすもの" 乗船記(裏表編)

「グリル」で美味しい昼食をいただいたので、船内をブラブラと散策しながら部屋に戻ることにしましょう。5F のエレベーター前だったか、あるいは廊下だったか、レストランのメニューを見かけました。 レストラン「Vent Vert」へ せっかくなので、ちらっとレ…

春の新日本海フェリー「あかしあ」スイートルーム "うすもの" 乗船記(昼食編)

「朝食編」の際に書き忘れていましたが、グリルで食事をする際は、このシート(予約票のようなもの)を持参して、係の人に渡すと席に案内される……というシステムです。 食事を終えた後に、「朝食欄」や「昼食欄」に係の人がサインしたものが返却されるので、…

春の新日本海フェリー「あかしあ」スイートルーム "うすもの" 乗船記(プライベートテラス編)

部屋に戻ってきました。生憎の曇り空ですね……。 これは数時間後の写真ですが、なかなか良い感じに晴れてくれました。窓の外にはプライベートテラスがあり、外の空気に触れることができます。 薄曇りの写真に戻ります(汗)。「あかしあ」と「はまなす」では…

春の新日本海フェリー「あかしあ」スイートルーム "うすもの" 乗船記(船内設備編)

「クイズラリー」にハメられる形で船内をウロウロしてしまったので、その際に撮影した写真をいくつかご紹介です。おそらく過去の記事のほうが詳しいと思いますので、合わせてご覧いただければと思います。 カフェ「アルカンシェル」 「あかしあ」で食事がで…

春の新日本海フェリー「あかしあ」スイートルーム "うすもの" 乗船記(クイズラリー編)

朝からグリルで素敵な食事(人はそれを朝食と呼ぶ)をいただいたので、のんびりと部屋に戻ることにしましょう。5F エレベーター前には新日本海フェリーのグループ企業でもある「オーセントホテル小樽」のスイーツの宣伝と、船内で行われる「ビンゴ大会」の案…

春の新日本海フェリー「あかしあ」スイートルーム "うすもの" 乗船記(朝食編)

新しい朝がやってきました。希望の朝です(何故)。スイートルームの利用客には朝・昼・晩の三食が付帯しているので、指定された時間にグリルにて食事が用意されています。では、早速グリルに向かうことにしましょう。 現在位置は 6F ですが、レストランとグ…

春の新日本海フェリー「あかしあ」スイートルーム "うすもの" 乗船記(バスルーム編)

お部屋の話題をもう少し続けます。スイートルーム自体は、上から見ると長方形の区画ですが、洗面室は前寄りの海側に設けられています(洗面室やバス・トイレがあるおかげで、ベッドから海がほぼ見えないようになっています)。 洗面台はバス・トイレとは独立…

春の新日本海フェリー「あかしあ」スイートルーム "うすもの" 乗船記(室内編)

それでは、早速中に入りましょう……ということで、扉を開けてみると…… 目の前にはすりガラスの窓のついた壁が。廊下から直接室内が見えないようになっています。扉を開けることは滅多に無いとは言え、こういった気遣いがあるのは嬉しいですよね。ところで、こ…

春の新日本海フェリー「あかしあ」スイートルーム "うすもの" 乗船記(案内所編)

車輌甲板の中でも最下層となる「1 甲板」から、エレベーターで案内所のある「4 甲板」までやってきました。車輌甲板側のエレベーターは比較的後ろのほうにあるので、船体のほぼ真ん中あたりにある「案内所」までは、前方に向かって廊下を歩くことになります…

春の新日本海フェリー「あかしあ」スイートルーム "うすもの" 乗船記(車輌甲板編)

舞鶴と小樽の間を結ぶ新日本海フェリー「あかしあ」の乗船記です。2016 年春の記録ですので、出港時刻などで現在と異なるところもありますのでご了承の程をお願いいたします。 乗船開始 車輌については「23 時乗船開始」と予告されていましたが、ほぼ予告ど…

夏の新日本海フェリー「あかしあ」デラックス A 乗船記(下船編)

小樽港到着予定時刻まで、あと 1 時間ほどとなりました。「あかしあ」は積丹半島沖を小樽に向かって順調に航行中です。 鍵回収イベント 20 時ちょうど頃に、入港前の最後のイベント「鍵回収イベント」が始まりました。「すずらん」や「すいせん」の個室の鍵…

夏の新日本海フェリー「あかしあ」デラックス A 乗船記(夕食編)

舞鶴発小樽行きの新日本海フェリー「あかしあ」は、好天の下、順調に日本海を北上していました。この写真を撮影したのは 15:45 頃ですが、ようやく右手に陸地が見えてきました。 右手に見えるこの陸地ですが、どうやら奥尻島のようです。地理院地図では奥尻…

夏の新日本海フェリー「あかしあ」デラックス A 乗船記(昼食編)

時は移ろい、お昼を回りました。朝はどんよりとした曇り空でしたが、すっかりいい天気になりましたね。 船内屈指の空席率を誇るあの場所へ ということで、昼食は新日本海フェリーが誇る「グリル」でいただきます。グリル「霞」は 5F 右舷(カフェ「アルカン…

夏の新日本海フェリー「あかしあ」デラックス A 乗船記(フォワードサロン編)

5F 右舷にあるカフェ「アルカンシェル」に向かう通路にはソファとテーブルが用意されていて、海を眺めながら読書したりすることができます。「あかしあ」と「はまなす」のツーリスト A(2 等寝台)は大部屋なので、夜が明けてからはこういったパブリック ス…

夏の新日本海フェリー「あかしあ」デラックス A 乗船記(クイズラリー編)

新日本海フェリーが誇る日本一の高速フェリーである「あかしあ」(と同型船「すずらん」)は、舞鶴から小樽までを 20 時間 15 分で結んでいます。「ほぼ丸一日海の上」という事で「退屈しないの?」と尋ねられることもしばしばなのですが、正直なところ……退…

夏の新日本海フェリー「あかしあ」デラックス A 乗船記(船内ウロウロ編)

「夏の新日本海フェリー『あかしあ』」と言うからには、「冬の新日本海フェリー」と何が違うんだ……というところを明確にしておかないといけません。ということで、まず目についたのがこちらでしょうか。 案内所のある 4 甲板右舷に、物産品の特設売り場「ふ…

夏の新日本海フェリー「あかしあ」デラックス A 乗船記(お部屋編)

ホテルにおける「フロント」に相当する「案内所」は、4F 吹き抜けの中央後方にあります。フロントから進行方向に向かって写真を撮影すると、目の前に「あかしあ乗船記念」のオブジェが見えるということになります。 あれっ、「あかしあ」ってこんなにシンプ…

夏の新日本海フェリー「あかしあ」デラックス A 乗船記(乗船開始)

舞鶴フェリーターミナルで、小樽行きの新日本海フェリー「あかしあ」の乗船開始を待っています。2015 年当時は出港が 0:30 だったため(現在は 23:50 出港)、この日の乗用車の乗船開始は 23:40 の予定でした。 乗船開始を待つ間に 一通りフェリーターミナル…

夏の新日本海フェリー「あかしあ」デラックス A 乗船記(はじめに)

新日本海フェリーの「舞鶴フェリーターミナル」にやってきました。2015 年のお盆休みに入ろうかとする頃です。よく見たら「← フェリーのりば」の案内は、ちゃんとフェリーの形をしていたんですね。 出港まであと 3 時間 フェリーターミナルの航送車待機列に…

冬の新日本海フェリー「あかしあ」デラックス A 乗船記(エピローグ)

新日本海フェリー「あかしあ」が、厚真町の「苫小牧東フェリーターミナル」を出港してから間もなく 20 時間が経過しようとしていました。船は既に越前岬沖を通り過ぎ、立石岬のすぐ北までたどり着いていました。 鍵回収イベント 新型「すずらん」「すいせん…

冬の新日本海フェリー「あかしあ」デラックス A 乗船記(夕食編)

昼食を頂いた後、裏口からレストランを出てしまったので、カフェ(12:00~13:30 は休業中)の横を通って部屋に戻ることにしましょう。 映画上映は 13 時から 2 本立て! 6 階(6 甲板)のコンファレンスルーム、お昼休みの間は相変わらず「人道の港 敦賀ムゼ…

冬の新日本海フェリー「あかしあ」デラックス A 乗船記(昼食編)

新日本海フェリーの定期航路の多くは、2 艘のフェリーが毎日往復する形態で運航されています。つまり、ほぼ毎日、公海上で僚船とすれ違うということになるのですね。僚船とのすれ違い時間は、小樽~舞鶴航路も苫小牧東~敦賀航路もだいたい似たようなもので…