Bojan International

旅行記・乗車記・フェリー乗船記やアイヌ語地名の紹介など

宮城県

春の東北小旅行 2015 (98)「北新地とはちゃう新地」

仙台東部道路を南に向かいます。 仙台空港 IC を通過して、次の岩沼 IC をも通過した時点で…… 大変遺憾なことに、追い越し車線が消えてしまいました(汗)。 河口部は意外とマイナーな阿武隈川 仙台市若林区と名取市の間は名取川が境界でしたが、岩沼市(名…

春の東北小旅行 2015 (97)「仙台東部道路をゆく」

仙台東部道路の仙台東 IC から仙台若林 JCT に向かう途中に、こんな案内板があります。 ご覧の通り、常磐道の南相馬 IC から広野 IC の間の放射線量が表示されています。これはもちろん例の原発事故の結果で設置されたものですが、0.2 μSv/h というのは相当…

春の東北小旅行 2015 (96)「光通信発祥の地」

フロントでチェックアウトを済ませて地下の駐車場に戻ります。実は前日にこんな立派な?「駐車許可証」をもらっていたのでした。仙台国際ホテルって東武ホテルチェーンだったんですね。 地下駐車場を出発して地上に戻ります。娑婆の光が眩しいですね!(曇っ…

Bojan のホテル探訪~「仙台国際ホテル」編(おしまい)

部屋の話題をもう少しだけ。些末な点ばかりですが、実は一番面白い部分だったりして……(はてさて)。 杜の都の食べ歩き・街歩き デスクの上にはホテルのサービス案内のみならず、ホテル内製の雑誌(飛行機の機内誌のようなもの)と「総支配人がご案内する杜…

Bojan のホテル探訪~「仙台国際ホテル」編(つづき)

仙台国際ホテルのシングルルームの話題を続けます。部屋の空調は最近でも良く見かけるタイプのものでした。任意の温度で設定できるのは助かりますよね。 トイレ では、バス・トイレの話題に移りましょう。ベッド脇のスイッチコンソールと同じく斜めの線をう…

Bojan のホテル探訪~「仙台国際ホテル」編

「春の東北小旅行 2015」、Day 1 はフェリー泊だったので、Day 2 にしてようやくホテルでの宿泊となりました。ということで、ささっとチェックインを済ませて、部屋に向かいます。 左手にバス、右手にクローゼットのある、ごくごく一般的なシングルルームで…

春の東北小旅行 2015 (95)「仙台に到着!」

18 時半ごろに、桃生津山(ものうつやま)IC から三陸道に入りました。まさに「薄暮時」と言う表現がぴったりな時間でしょうか? これは河北 IC の南側にある、旧北上川を渡る橋です。2015 年当時は 4 車線化工事中だったのですが、右側(工事中)の橋桁がな…

春の東北小旅行 2015 (94)「陸前戸倉から柳津へ」

海沿いの国道 398 号を西に向かいます。このあたりも山側を通る新道ができたので、いずれ国道の指定を外れるのかもしれません。 国道 45 号線に戻ってきました。右側に BRT の「陸前戸倉駅」が見えます。 当時は BRT 専用道になる前(のはず) 毎度おなじみ…

春の東北小旅行 2015 (93)「思い出の場所へ」

陸前戸倉駅の手前で左折して、国道 398 号に入りました。造成されたばかりの土の色が眩しいですね。 2012 年の初夏に南三陸にやってきた時の「思い出の場所」にやってきました。……しかしながら、車を停めるのに良さそうな場所を見つけられなかったので、一旦…

春の東北小旅行 2015 (92)「日が暮れる前に」

久しぶりに、海沿いに戻ってきました。左前方に見えているのが志津川湾です。 このあたりの国道 45 号は海抜 20 m あたりを通っていて、JR 気仙沼線の橋は更にその上を通っています。そのためか、特に橋桁が落ちたりすることもなく、2015 年の時点で既に BRT…

春の東北小旅行 2015 (91)「なつかしい未来へ」

国道 45 号を南下して、南三陸町の中心地(だったところ)に向かいます。このあたりも、やはり大規模な嵩上げ工事中のようです。 南三陸町には 2012 年に一度来ているのですが、3 年の間に随分と道路の付替えがあったせいで、僅かながら存在した土地勘がすっ…

春の東北小旅行 2015 (90)「セブンイレブン志津川天王前店」

南三陸町の「南三陸警察署」の前にやってきました。おそらく現在と同じ場所だと思われるのですが、ご覧の通りプレハブ造りの仮庁舎です。 南三陸の警察署は、もともとは志津川の駅のすぐ近くにあったようです。志津川駅の周辺も津波で壊滅的な被害を受けたた…

春の東北小旅行 2015 (89)「歌津大橋の落橋」

南三陸町北部の「陸前港駅」の近くにやってきました。右側に BRT 気仙沼線の橋梁が見えます……が、現在は港川の改修工事のために BRT 専用道は使用されていないとのこと。結果的に今となっては貴重な写真となってしまいました。 BRT 専用道は、構造自体は単な…

春の東北小旅行 2015 (88)「陸前小泉駅、aka 小泉小学校入口」

本吉町津谷長根というところにやってきました。右折すると国道 346 号で本吉の中心部に行けるようです。 前方に「道路情報」のアーチが見えてきました。このあたりの道路情報案内板には、「国土交通省」などの名前がしっかり入ったものが多いですね。南三陸…

春の東北小旅行 2015 (87)「小金沢駅に歌手はいなかった」

気仙沼市の国道 45 号に戻ってきました。三陸道(本吉気仙沼道路)の気仙沼中央 IC から大谷海岸 IC までが開通したのは今年(2018 年)の 3 月 25 日のことですから、2015 年時点は国道 45 号がメインルートだったことになりますね。ご覧の通り、交通量もな…

春の東北小旅行 2015 (86)「BRT 松岩駅」

県道 26 号「気仙沼唐桑線」を南に向かいます。前方に JR 気仙沼線の立体交差が見えてきました。JR 気仙沼線の柳津から気仙沼の間(と JR 大船渡線の気仙沼から盛の間)は、沿線の被害が甚大で、都市計画レベルで再検討が必要な街が多いことから、鉄道ではな…

春の東北小旅行 2015 (85)「(´・ω・`)」

宮城県道 5 号「気仙沼港線」を走ります。この県道はなんと総延長 570 m とのこと。国道 174 号の 187 m には負けますが、相当短い県道ですね。左手に大島汽船のフェリーが見えています。気仙沼と、気仙沼湾の沖に浮かぶ大島の間を結ぶフェリーで、一日なん…

春の東北小旅行 2015 (84)「気仙沼女子高等学校」

気仙沼市東部、かつての「本吉郡唐桑町」でガソリンを給油して、今度は西に向かいます。この先の「只越峠」は「唐桑トンネル」で通り抜けることになります。 40 m ほど上に三陸道の橋が見えますが、「唐桑トンネル」は三陸道と一体化しているので、これから…

春の東北小旅行 2015 (83)「すばら!なガソリンスタンド」

巨大なベルトコンベアーの圧迫感に打ち震えながら、「奇跡の一本松」の駐車場の前を通過します。何故これだけの有名スポットをスルーしたのか……と思われるかもしれませんが、八戸に回ったことで思った以上に時間を失ったのと、人混みが苦手なのがその理由で…

江差線日帰りの旅(終)「上野駅 22:58」

「江差線日帰り」という突発ネタ旅の最後を締めくくるべく、新青森から「はやぶさ 20 号」で東京に向かいます。座席は今回もグランクラスをチョイスしてみました。 夕食の「グランクラス和軽食 -東京編-」を平らげ……じゃなくて美味しく頂いたあとは、食後…

Bojan のホテル探訪~「仙台ロイヤルパークホテル」編の続き

「23 日問題」というものがありまして……(そうなのか?)。なぜかわからないのですが、日付別に見ると、「23 日」付けの記事が妙に PV が良いのですね。中でも、2008/7/23 付の「NW-A910 で動画を楽しむ+α【謎】」という記事の PV がいいのですが、それだけ…

Bojan のホテル探訪~「仙台ロイヤルパークホテル」編

Day 7 は、かの「ナッチャン Rera」にて津軽海峡をひょいと越え、仙台ロイヤルパークホテルに宿泊したのでした。このホテル、2002 年のワールドカップでイタリア代表が使ったホテルなんだとか……。はい、見事に釣られて行ってきましたとも(笑)。仙台……と言え…

北海道の旅 2008/夏 (66) 「なんと二万円で麦茶がウーロン茶に早変わり!」

なんだか随分と久しぶりになっちゃいましたが、「北海道の旅 2008/夏」が完結していない(しかも「特別編」まで待ち構えているという噂)ので、懲りずに続けます。 マニア必見!? 日本三景の一つ「松島海岸」をあっさりとスルーして、三陸道の松島北 IC か…

北海道の旅 2008/夏 (65) 「立派なビルの法則」

仙台駅前のあまりの混みようにあたふたしながら、何となく塩竃方面に向けて車を走らせます。理由は特に無いんですけど……ね。愛宕上杉通なる通りを北上すると、なんだか立派なビルが見えてきました。 駅から少し離れたところに立派なビルを建てているのは、大…

北海道の旅 2008/夏 (64) 「どこへ行くのも約 866 km (←」

財布も然る事ながら、周りからの好奇の視線が痛そうで 東北道の前沢 SA に立ち寄ったわたくし。一瞬、「旅の恥はかき捨てだ!」などと訳の分からないことを考えて、8,000 円の「前沢牛ステーキセット」にトライしようか……と思ったりもしたのですが、さぁすが…