Bojan International

旅行記・乗車記・フェリー乗船記やアイヌ語地名の紹介など

本場の味

日高本線各駅停車 (1) 「様似」

様似駅のホームにやってきました。ホームは駅舎側の 1 面しか無く、かつての増毛駅に近い雰囲気もありますが、北側(向かって左側)に留置線があるのが大きな違いでしょうか。 【ご注意ください】この記事の内容は、特記のない限りは 2017 年 5 月時点のもの…

石北本線途中まで各駅停車 (64) 「上川 その2」

上川駅の 3 番線に到着した 4529D から下車して跨線橋に向かったところ、そこにはなんと「おつかれさまでした」の文字が。なかなか味わいのある書体ですよね。 【ご注意ください】この記事の内容は、特記のない限りは 2017 年 5 月時点のものです。 ちなみに…

石北本線途中まで各駅停車 (63) 「東雲・上川」

「愛山渓ドライブイン」が見えてきました。ここから道道 223 号「愛山渓上川線」を南に向かうと愛山渓温泉です。まだ行ったことが無いので、一度は行ってみたいですね……。 【ご注意ください】この記事の内容は、特記のない限りは 2017 年 5 月時点のものです…

石北本線途中まで各駅停車 (62) 「安足間」

上川行き 4529D は愛山を出発しました。お、バイクで旅行中の方でしょうか……? 【ご注意ください】この記事の内容は、特記のない限りは 2017 年 5 月時点のものです。 愛山から次の安足間(あんたろま)までは僅か 2 km しかありません。ということで旭川紋…

石北本線途中まで各駅停車 (60) 「中愛別」

上川行き 4529D は愛別を出発しました。既に 17 時を過ぎていますが、流石は 5 月、まだまだ空は明るいですね。 【ご注意ください】この記事の内容は、特記のない限りは 2017 年 5 月時点のものです。 石狩川を渡ります。石北本線は石狩川を三箇所で横断して…

石北本線途中まで各駅停車 (59) 「愛別」

石北本線は右に大きくカーブして愛別町に入ります。当麻から北上を続けてきましたが、石狩川に行く手を遮られた形ですね。 【ご注意ください】この記事の内容は、特記のない限りは 2017 年 5 月時点のものです。 右手に旭川紋別自動車道が見えてきました。

石北本線途中まで各駅停車 (58) 「伊香牛」

念願だった「北日ノ出駅」と「将軍山駅」の撮影に成功したので、進行方向右側の座席に移動しました。 【ご注意ください】この記事の内容は、特記のない限りは 2017 年 5 月時点のものです。 山が見えてきましたが、この山は「親子山」でしょうか(真ん中に見…

石北本線途中まで各駅停車 (56) 「当麻」

牛朱別川を渡った先にも踏切があるのですが…… 踏切の名前は「鈴木道路」とのこと。北海道では一家にひとつずつ「マイバス停」があることでも知られていますが、これは「マイ踏切」なんでしょうか……?

石北本線途中まで各駅停車 (55) 「桜岡」

上川行き 4529D は桜岡駅に向かって走行中です。左端にフレーム・インしたのは信号機関連の設備でしょうか……? 【ご注意ください】この記事の内容は、特記のない限りは 2017 年 5 月時点のものです。 桜岡駅の手前で踏切を通過します。

石北本線途中まで各駅停車 (53) 「東旭川」

上川行き 4529D は南永山を出発して、牛朱別川を渡ります。上流部からの水は永山新川を経由するようになったので水量は少なくなった筈ですが、倉沼川を始めとする支流の水は引き続き(旧来の)牛朱別川を流れています。 【ご注意ください】この記事の内容は…

石北本線途中まで各駅停車 (52) 「南永山」

上川行き 4529D は緩やかな右カーブで宗谷本線から離れて東南東に向かいます。 【ご注意ください】この記事の内容は、特記のない限りは 2017 年 5 月時点のものです。 緑と赤と青がペイントされている倉庫らしき建物が見えます。「火気厳禁」の文字も見えま…

石北本線途中まで各駅停車 (51) 「旭川四条・新旭川」

上川行き 4529D は定刻通りに旭川を出発しました。相変わらずいい天気ですね。 【ご注意ください】この記事の内容は、特記のない限りは 2017 年 5 月時点のものです。 前年(2016 年)に引き続き、2017 年も雪捨て場(だと思う)に雪が残っていました。除雪…

石北本線ほぼ各駅停車 (47) 「旭川四条」

牛朱別(うしゅべつ)川を渡ります。支流が合流していますが、この支流は「基北川」だそうです。 【ご注意ください】この記事の内容は、特記のない限りは 2017 年 5 月時点のものです。 牛朱別川を渡ってからは高架区間に入ります。このあたりは 1973 年に高…

石北本線ほぼ各駅停車 (46) 「南永山・新旭川」

東旭川を出発した 4530D が牛朱別川を渡ると、農地がほとんど見えなくなりました。完全に旭川の市街地に取り込まれた感じでしょうか。 【ご注意ください】この記事の内容は、特記のない限りは 2017 年 5 月時点のものです。 南永山駅(A31) 南永山駅に到着…

石北本線ほぼ各駅停車 (45) 「東旭川」

旭川行き 4530D が北日ノ出駅を通過してから 3 分ほどで、信号機と速度標識らしきものが見えてきました。これは 45 km/h 制限でしょうか……? 【ご注意ください】この記事の内容は、特記のない限りは 2017 年 5 月時点のものです。 踏切(第 2 鷹栖神楽線踏切…

石北本線ほぼ各駅停車 (44) 「桜岡・北日ノ出」

牛朱別(うしゅべつ)川を渡ります。明らかに新しそうな、無骨なデザインの鉄橋です。牛朱別川は永山新川の開削によって流路を大きく変えていますが、永山新川の「供用開始」はなんと 2002 年とのこと(!)。工事そのものは 1987 年(昭和 62 年)に始まっ…

石北本線ほぼ各駅停車 (43) 「将軍山・当麻」

旭川行き 4530D は伊香牛を出発しました。ずっと進行方向右側に陣取っていたのですが、日差しがマトモに差し込むようになってきたので、左側に移動することにしました。そう言えば次の駅は「将軍山」ですが、大変残念なことに 4530D は将軍山を通過してしま…

石北本線ほぼ各駅停車 (42) 「伊香牛」

石北本線は旭川紋別自動車道の下を通過します。旭川紋別道の「愛別大橋」は完成 4 車線で整備済みということもあり、なかなかの威容ですね。 【ご注意ください】この記事の内容は、特記のない限りは 2017 年 5 月時点のものです。 おやっ、この「24」は……と…

石北本線ほぼ各駅停車 (41) 「愛別」

中愛別を出発すると、再び石狩川を渡って南岸に移ります。石北本線が石狩川を渡るのは三度目で、これが最後ということになりますね。 【ご注意ください】この記事の内容は、特記のない限りは 2017 年 5 月時点のものです。 愛別の市街地に入りました。愛別の…

石北本線ほぼ各駅停車 (40) 「中愛別」

石狩川を渡ります。石北本線は上川と東雲(廃止済み)の間で石狩川の南岸に移動した後、ここで再び石狩川の北岸に戻ることになるのですが、石狩川南岸には「石垣山」が聳えていて線路を通す余地が無かった……ということのようです。 【ご注意ください】この記…

石北本線ほぼ各駅停車 (38) 「安足間」

旭川行き 4530D は道道 223 号「愛山渓上川線」の踏切を通過しました。安足間(あんたろま)駅のすぐ近くまでやってきたようです。 【ご注意ください】この記事の内容は、特記のない限りは 2017 年 4 月~ 5 月時点のものです。新型コロナウイルス感染症のパ…

石北本線ほぼ各駅停車 (32) 「上川・その1」

上川の市街地に入りました。住宅街だと思うのですが、まるで別荘地のような佇まいですね。 【ご注意ください】この記事の内容は、特記のない限りは 2017 年 4 月~ 5 月時点のものです。新型コロナウイルス感染症のパンデミックにより、各種サービスの実施状…

石北本線ほぼ各駅停車 (27) 「白滝」

下白滝駅(現在は信号場)と白滝駅の間には「旧白滝駅」がありました。「白滝駅」の旧駅ではなく、仮乗降場として開業したときから「旧」を冠した珍しいネーミングの駅でした。 旧白滝駅(A46・廃止) 在りし日の旧白滝駅の写真が、パブリックドメインとして…

石北本線ほぼ各駅停車 (25) 「丸瀬布」

特別快速「きたみ」は瀬戸瀬を通(・)過(・)して西に向かいます。(2017 年)3 月 19 日に延伸したばかりの「旭川紋別自動車道」が見えています。供用開始から 1 ヶ月ちょいなので、まだまだピッカピカですね。 【ご注意ください】この記事の内容は、特記…

石北本線ほぼ各駅停車 (23) 「遠軽」

遠軽の市街地に入りました。留辺蘂や生田原と比べると格段に大きな町ですが、よく考えたら留辺蘂は今や北見市ですし、生田原も今は遠軽町なので、遠軽の市街地が大きいのは当たり前だったかも……。 【ご注意ください】この記事の内容は、特記のない限りは 201…

石北本線ほぼ各駅停車 (22) 「安国」

特別快速「きたみ」が速度を落としました。間もなく安国駅に到着のようです。 【ご注意ください】この記事の内容は、特記のない限りは 2017 年 4 月~ 5 月時点のものです。新型コロナウイルス感染症のパンデミックにより、各種サービスの実施状況や利用時間…

石北本線ほぼ各駅停車 (20) 「生田原」

常紋トンネルを抜けて遠軽町に入りました。窓の外にはチシマザサが生い茂っていますが、そう言えば「生田原」も iktara で「笹」に由来するんじゃないか……なんて話もありましたっけ。 【ご注意ください】この記事の内容は、特記のない限りは 2017 年 4 月~ …

石北本線ほぼ各駅停車 (17) 「留辺蘂」

特別快速「きたみ」は相内駅を出発しました。前輪がはまって身動きが取れなくなっている(ように見える)トラックと、なにやら文字が記された小屋のような建物が見えますが…… 【ご注意ください】この記事の内容は、特記のない限りは 2017 年 4 月~ 5 月時点…

石北本線ほぼ各駅停車 (16) 「相内」

東相内を出発すると、車窓には再び畑が広がります。西北見と東相内の間は市街地がほぼ一体化していますが、東相内と相内の間は市街地が途切れているんですよね。 【ご注意ください】この記事の内容は、特記のない限りは 2017 年 4 月~ 5 月時点のものです。…

石北本線ほぼ各駅停車 (14) 「西北見」

北見を出発した特別快速「きたみ」は、なんといきなりトンネルに入ってしまいました。 このトンネルは「北見トンネル」という名前で、石北本線を地下化することで 9 箇所の踏切の解消を狙った「連続立体交差事業」で建設されたものとのこと。この区間が地下…