Bojan International

旅行記・乗車記・フェリー乗船記やアイヌ語地名の紹介など

苫小牧市

春の道北・船と車と鉄道で 2016 (270) 「チャレンジ 80,000 km」

深川 IC で道央道に入り、ピャーッと高速ワープ中でしたが…… 苫小牧ではなく、今回もいつも通り?「岩見沢 IC」で流出しました。岩見沢から苫小牧に向かう場合、札幌経由だと 94.3 km なのに対し、国道 234 号経由だと 74.8 km と、ちょっとだけ……いや、意外…

北海道のアイヌ語地名 (898) 「鹿越・厚平内」

やあ皆さん、アイヌ語の森へ、ようこそ。 (この背景地図等データは、国土地理院の地理院地図から配信されたものである) 地図をクリックしたら地理院地図に飛べたりします。 鹿越(しかごえ) yuk-ru?鹿・路 (? = 典拠あるが疑問点あり、類型あり) 苫小牧…

北海道のアイヌ語地名 (897) 「幌内・稚内」

やあ皆さん、アイヌ語の森へ、ようこそ。 (この背景地図等データは、国土地理院の地理院地図から配信されたものである) 地図をクリックしたら地理院地図に飛べたりします。 幌内(ほろない) poro-nay大きな・川 (典拠あり、類型多数) 「苫小牧西港フェ…

北海道のアイヌ語地名 (896) 「牛志別・真小牧」

やあ皆さん、アイヌ語の森へ、ようこそ。 (この背景地図等データは、国土地理院の地理院地図から配信されたものである) 地図をクリックしたら地理院地図に飛べたりします。 牛志別(うししべつ) {usis-kina}-pet{エゾフユノハナワラビ}・川 (典拠あり、…

北海道のアイヌ語地名 (895) 「タネト沼・マッカ沼・トキト沼」

やあ皆さん、アイヌ語の沼へ、ようこそ。あれ? (この背景地図等データは、国土地理院の地理院地図から配信されたものである) 地図をクリックしたら地理院地図に飛べたりします。 タネト沼 tanne-to???長い・沼 (??? = アイヌ語に由来するかどうか要精査…

春の道北・船と車と鉄道で 2016 (81) 「空港問わず語り」

道の駅「ウトナイ湖」を出発して、国道 36 号に戻りましょう。 ウトナイ湖と新千歳空港の間は、割と人口が希薄なエリアなのですが、これは意図的に開発が制限されている(着陸機のアプローチエリアに当たる?)からなのでしょうか。前方の十字路を左折すると…

春の道北・船と車と鉄道で 2016 (80) 「ウトナイ湖」

今更ですが、ウトナイ湖にやってきました。「国指定ウトナイ湖鳥獣保護区」にして「ラムサール条約登録湿地」とのことで、箔の付き方は十分と言ったところでしょうか。 違った切り口のものとしては、「北海道の自然 100 選」にも選ばれているみたいですね。 …

春の道北・船と車と鉄道で 2016 (79) 「実は複雑怪奇な『とまチョップ』」

国道 36 号で苫小牧から千歳方面に向かいます。道の駅「ウトナイ湖」の案内が見えてきました。 ウトナイ湖には立ち寄ったことが無かったので、ちょいと寄り道してみましょう。時間は朝の 10 時過ぎだったので、まだまだ余裕があります。 すいませんすいませ…

春の道北・船と車と鉄道で 2016 (78) 「4 灯横並びの信号機」

国道 36 号「明野南通」を千歳方面に向かいます。途中で「幌内川」を渡りますが、確かに地図で見てみると(このあたりの川の中では)大きな川です。 「ぎょうざカレー」でおなじみの「みよしの」ですが、苫小牧でも 1 店舗が絶賛営業中です。公式 Web サイト…

春の道北・船と車と鉄道で 2016 (77) 「いつまでも、あると思うなガソリンスタンド」

ローソンで買い物を済ませて、再び国道 36 号に戻ってきました。右手に大きな倉庫のような建物が見えてきましたが…… なんとこちらの建物は「王子サーモン」のものでした(よく見たら手前にお店もありましたね)。このロゴの雰囲気も凄くいい……というか、ゼロ…

春の道北・船と車と鉄道で 2016 (76) 「川と境界は別々だった」

白老町の「中央通り」(おそらくかつての国道 36 号)を東北東に向かって走って、国道 36 号と合流する交叉点の近くにやってきました。 信号が青に変わるのを待っている間に、こんな案内板を見かけました。 「ヨコスト」は川の名前で、また湿原の名前でもあ…

アイヌ語地名の傾向と対策 (528) 「ウトナイ湖・オタルマップ川・オホコツ川」

やあ皆さん、アイヌ語の森へ、ようこそ。 (この背景地図等データは、国土地理院の地理院地図から配信されたものである) ウトナイ湖 ut-nay-to肋(あばら)・川・沼 (典拠あり、類型あり) 苫小牧市の北東に位置する湖の名前です。白鳥などが飛来すること…

アイヌ語地名の傾向と対策 (527) 「有珠川・勇振川」

やあ皆さん、アイヌ語の森へ、ようこそ。 (この背景地図等データは、国土地理院の地理院地図から配信されたものである) 有珠川(うす──) us-nay?入江・沢 (?? = 典拠なし、類型あり) JR 室蘭本線の糸井駅と青葉駅の間を流れる川の名前です。厳密には「…

アイヌ語地名の傾向と対策 (526) 「ヨコスト川・ポロチナイ川・別々川」

やあ皆さん、アイヌ語の森へ、ようこそ。 (この背景地図等データは、国土地理院の地理院地図から配信されたものである) ヨコスト川 i-uk-us-ota?それ・採取する・いつもする・浜 (典拠あり、類型あり) 社台川の西に「北海道ポロトGC」というゴルフ場があ…

秋の道南・奥尻の旅 (219) 「苫小牧東フェリーターミナル」

さすがに暗くなってきたので、風光明媚ではあるものの狭くてツイスティな道道 919 号「中央東線」の完走を諦め、通称「三笠山神社通り」を通って下界に戻ってきました。 室蘭本線と並走する大きな右カーブを通過して…… その後、しれっと国道 36 号に戻ってき…

冬の北海道の旅 (107) 「お察しください」

敦賀から自宅まで車を走らせると、もしかしたら燃料が無くなるかも……という状況だったので、念には念を入れて燃料を満タンにすることにしました。ココロも満タンに♪ ということで…… あっ、いけねっ(汗) いやまぁ、その……。ちょうどいいところにフルサービ…

冬の北海道の旅 (106) 「お腹も満タンに」

もうすぐ春ですね……というか、既に春のような気もしますが、あともう少しだけ「冬の北海道の旅」を続けます! さて、どこでしょう? さて、前回の記事で「これはどこでしょう?」という問題を出していました。 ということで、さっそく答え合わせから。こちら…

冬の北海道の旅 (4) 「凍結 50 キロ規制の日高道へ」

今回の「冬の北海道の旅 2015」では、(北海道での)Day 1 はスタートが苫小牧港でゴールが帯広という予定になっています。ふつーに道東道を東に向かうのがベストルートですが、今回はあえてそのルートを使わずに、沙流川沿いの国道 237 号を遡るルートを選…

冬の北海道の旅 (3) 「真冬の苫小牧にて」

苫小牧港フェリーターミナルを離れて、まずは苫小牧南部を東西に貫く「臨海北通」に向かいます。ターミナル内の道路はシャーベット状の雪にまみれていましたが…… 積雪はすぐに中央線部分を残すだけになりました。 片側 4 車線と、道内の道路の中でも屈指の広…

太平洋フェリー「きそ」ロイヤルスイート乗船記(おしまい)

水曜日の 17:30 に名古屋港で乗船してから、えーと……(計算中)……41 時間 30 分ほどが経過しました。「ゆったり、時を楽しむ船旅へ」というコピーそのまんまに、実に楽しい船旅を満喫することができました。27 本目の記事(多すぎ)は、下船についての話題で…

道東の旅 2013/春 (終)「東か、西か」

気がつけば今回で 「北海道(道東)の旅 2013/春」という題名で記事を書き始めたのが……えーと……(汗)。2014/5/20 だったのですね(汗)。途中、三ヶ月ちょいのブランクも挟んだとは言え、気がつけば今回で第 259 回を迎えることになってしまいました。連載…

道東の旅 2013/春 (258) 「マクドナルドで夕食を」

苫小牧東フェリーターミナルへ 平取町岩知志の某農家さんのお宅を出たのは 18 時を少し回った頃でした。あ、ここにも平取仕様のバス停が見えますね。 十勝とは違って、日高では殆ど雪を見ることは無かったのですが、それでも「なだれ注意報」が発表されてい…

アイヌ語地名の傾向と対策 (114) 「勇払・トキサタマップ川・美沢」

やあ皆さん、アイヌ語の森へ、ようこそ。 (この背景地図等データは、国土地理院の電子国土Webシステムから配信されたものである) 勇払(ゆうふつ) i-put(u)?それの・口 (? = 典拠あるが疑問点あり、類型あり) 勇払は苫小牧のあたり一帯を指す大地名です…

アイヌ語地名の傾向と対策 (110) 「樽前・覚生・社台」

やあ皆さん、アイヌ語の森へ、ようこそ。 樽前(たるまえ) taor-oma-i?高岸・そこにある・もの (? = 典拠あるが疑問点あり、類型あり) 樽前山の麓に道央道の樽前 SA があるので、皆さんも良くご存じの地名だと思いますが、原義は比較的早く忘れられたのか…

アイヌ語地名の傾向と対策 (109) 「苫小牧・小糸魚・錦多峰」

しばらく(4 ヶ月ほど)お休みを頂いておりましたが、本日より再開です。ドゾヨロシク。 苫小牧(とまこまい) to-mak-oma-i沼・山奥・入る・もの (典拠あり、類型あり) というわけで、一発目は大ネタから。苫小牧は、北海道における太平洋側の玄関口のひ…

利尻・礼文の旅 2012/夏 (20) 「急げ歌志内へ」

Day 1 のルートはこちら 登別の「知里幸恵 銀のしずく記念館」をお暇したのは 16 時少し前でした。さて、この日のゴールは…… 歌志内だったのでした。登別から歌志内までは約 186 km で、宿には 18 時までにチェックインしないといけません。さぁ、これは大変…

利尻・礼文の旅 2012/夏 (15) 「ようやく上陸!」

ようやく上陸! えー、大変長らくお待たせしました。ついに、ようやく、北海道に再上陸です。 係のおじさんに誘導されて、フェリーターミナルの外へと向かいます。 サイロ? 港に巨大なサイロが! この中には一体何が入っているのでしょうね。まさか、牧草!…

ラリージャパン閉幕記念! SS 地名解(←

ラリージャパン閉幕記念! いやー、本当は開幕した時点で企画しておけば良かったのですが、気がつけばおとといの日曜日で無事?閉幕しちゃいました。ということで、おそろしく間が悪いネタですが、まぁいいのかと(開き直った)。Rally Japan は、「WRC 世界…