Bojan International

旅行記・乗車記・フェリー乗船記やアイヌ語地名の紹介など

夕張郡由仁町

春の道北・船と車と鉄道で 2016 (88) 「直進、右折、更に右折」

道道 3 号「札幌夕張線」で馬追山の鞍部を抜けて、由仁町に入ります。 坂を下った先には「ゆにガーデン」の案内が。その名の通り「庭園」なのですが、他にも野球場があったり、温泉宿泊施設があったりゴルフ場があったりで、なかなかの賑わいを見せています…

夏の焼尻・天売・道北の旅 2015 (140)「『ゆにガーデン』と『ユンニの湯』」

道道 3 号「札幌夕張線」沿いの「ヤリキレナイ川」の看板の脇には、ゴルフ場やキャンプ場、ジンギスカン屋さんなどありとあらゆる(言い過ぎ)看板が立ち並んでいました。これは一度足を運んでみる(車を走らせてみる、が正解ですが)価値がありそうです。 …

夏の焼尻・天売・道北の旅 2015 (139)「探索・ヤリキレナイ川(看板編)」

「ロングラン盆踊り」が絶賛開催中だった由仁駅の駅前広場から、正面に見える道を進みます(神社から駅に出るときに少しだけ通った道です)。右側のお店は「たばこ」を全面的にプッシュしていますが、よく見ると「つり具」と書いてあったりするので油断なり…

夏の焼尻・天売・道北の旅 2015 (138)「探索・ヤリキレナイ川(登橋編)」

道内はおろか、国内でも有数の知名度を誇る(言い過ぎ)「ヤリキレナイ川」沿いを歩きます。 「ヤリキレナイ川」と記された立派な銘板のついた橋は、道道 694 号の終点(道道 477 号との交叉点)につながる町道(だと思う)が通っています。 ちなみにこの橋…

夏の焼尻・天売・道北の旅 2015 (137)「探索・ヤリキレナイ川(旧・由仁小学校編)」

由仁町にやってきました。どこか車を停められる場所が無いかな……ということで、道道 477 号「滝下由仁停車場線」をふらっと右折してみたところ…… お、前方に鳥居が見えますね。 鳥居の横には「郷社由仁神社」と刻まれた石柱が見えます。社殿は少し高台にある…

夏の焼尻・天売・道北の旅 2015 (136)「あの看板はどこへ行ってしまったのですか」

道道 694 号「北長沼由仁線」で由仁町に向かいます。見通しのいい田園地帯を真っ直ぐ突っ切る道路だったのが、いきなり林の中に入ると、そこは…… 由仁町でした。ちなみにカントリーサインはこんなデザインです。 ところで、何なんでしょうこちらは。ムカデの…

アイヌ語地名の傾向と対策 (632) 「ベリベツ川・岩内・古山・馬来内川」

やあ皆さん、アイヌ語の森へ、ようこそ。 (この背景地図等データは、国土地理院の地理院地図から配信されたものである) 地図をクリックしたら地理院地図に飛べたりします。 ベリベツ川 pe-ru-pes-pe?水・路・それにそって下る・もの (? = 典拠あるが疑問…

アイヌ語地名の傾向と対策 (631) 「ヤリキレナイ川」

やあ皆さん、アイヌ語の森へ、ようこそ。 (この背景地図等データは、国土地理院の地理院地図から配信されたものである) 地図をクリックしたら地理院地図に飛べたりします。 ヤリキレナイ川 i-arki-nay??アレが・やって来る・川 (?? = 典拠あるが疑問点あ…

冬の北海道の旅 (105) 「畑の中の樹海ロード」

国道 234 号で栗山町に入りました。山が夕張川のすぐ傍まで迫っているので、このあたりはまるで JR と国道が狭い用地を奪い合っているようです。 しばらく対向車の姿を見かけないなぁ……と思ったのですが、随分とイカした(死語?)除雪車がやってきました。 …

アイヌ語地名の傾向と対策 (196) 「クオーベツ・久留喜・登川」

やあ皆さん、アイヌ語の森へ、ようこそ。 (この背景地図等データは、国土地理院の地理院地図から配信されたものである) クオーベツ ku-o-pet仕掛け弓・そこにある・川 (典拠あり、類型多数) 由仁町南東部を流れる、夕張川の支流の名前です。現在は字が廃…

道東の旅 2013/春 (38) 「由仁町の由仁 PA」

由仁 PA まであと 4km 追分町 IC が見えてきましたが、そのまま道東道を東へと向かいます。 相変わらず「動物注意」の看板が多いですが…… さて。前方の高架橋に、なにやら横断幕が掲げられています。 「事故多発」そして「由仁PAまであと4km」とありますね。…

北海道・東北の旅 2010/夏 (86) 「思い出のヤリキレナイ川」

「三航北国日誌」第 86 回です。86 回もやっていますが、実はまだ 5 日目の内容だったりします(← めざせモスクワ!じゃなくて、札幌! というわけで、夕張駅を後にして、次は札幌!を目指します。分水嶺を 400m くらいのトンネルで抜けると、 あとは快適な…

アイヌ語地名の傾向と対策 (33) 「キウス・於兎牛山・穂別・富内」

物事を長く続ける秘訣として、もっとも手っ取り早い方法に「パターン化」というものがあります。その効果が明らかである反面、別の言い方をすれば「マンネリ」ともなってしまうのですが、気にしません(← キウス(きうす) ki-us(-i)?草・多くある・ところ …

アイヌ語地名の傾向と対策 (1) 「千歳・由仁・早来」

というわけで、「北海道の旅 2010/春 Day 2」の途中ですが、ここまでに出てきたアイヌ語地名のおさらいなどを……。 千歳(ちとせ) 「アイヌ語地名のおさらい」などと書いてしまいながら、いきなり和名から入るというのもアレなのですが、この「千歳」は、有…

春の道央・道北の旅 2010 (4) 「二風谷へ!」

次なる視察地(←)に向かう ヤリキレナイ川を視察(←)した後は、平取の「萱野茂二風谷アイヌ資料館」に向かいます。カーナビの計算では約 73.9 km、1 時間 29 分の行程です。 こちらはヤリキレナイ川からほど近い「由仁駅」の駅舎です。北海道(都市部を除…

半身不随でヤリキレナイ川!

2019/5/19 追記。現時点の検討結果をアイヌ語地名の傾向と対策 (631) 「ヤリキレナイ川」に記していますので、合わせてご覧ください。 今週の補足トリビア さて、ヤリキレナイ川です(笑)。いや、ベツに笑うことはナイんでしょうけど……。 では、改めて「ヤリ…

春の道央・道北の旅 2010 (3) 「特に名を秘す目的地に向かう」

Day 2 のルート なんとなく「ホテル探訪」は後回しにして、Day 2 のレビューに移ります。Day 2 のルートはこちら。 (クリックで原寸大だったりします)えーと、千歳から襟裳岬経由で帯広まで、というのが大まかなルートです。前半に二ヶ所ほど寄り道をする…