Bojan International

旅行記・乗車記・フェリー乗船記やアイヌ語地名の紹介など

空知総合振興局

春の道北・船と車と鉄道で 2016 (270) 「チャレンジ 80,000 km」

深川 IC で道央道に入り、ピャーッと高速ワープ中でしたが…… 苫小牧ではなく、今回もいつも通り?「岩見沢 IC」で流出しました。岩見沢から苫小牧に向かう場合、札幌経由だと 94.3 km なのに対し、国道 234 号経由だと 74.8 km と、ちょっとだけ……いや、意外…

春の道北・船と車と鉄道で 2016 (269) 「ガソスタまで直進 50 km」

深川市に入りました。カントリーサインは「稲穂とリンゴ」でしょうか(敢えて答え合わせをしないことでスリルを楽しむスタイル)。 道央道の立体交叉を通過して西に向かう途中にはこんなものも。

北海道のアイヌ語地名 (894) 「栗多里・孫別」

やあ皆さん、アイヌ語の森へ、ようこそ。 (この背景地図等データは、国土地理院の地理院地図から配信されたものである) 地図をクリックしたら地理院地図に飛べたりします。 栗多里(くったり) kuttar?イタドリ (? = 典拠あるが疑問点あり、類型あり) 岩…

北海道のアイヌ語地名 (893) 「久茶運内・本烏遠別・烏遠別」

やあ皆さん、アイヌ語の森へ、ようこそ。 (この背景地図等データは、国土地理院の地理院地図から配信されたものである) 地図をクリックしたら地理院地図に飛べたりします。 久茶運内(くちゃうんない) kucha-un-nay?山小屋・ある・川 (? = 典拠あるが疑…

春の道北・船と車と鉄道で 2016 (146) 「クラウス 15 号蒸気機関車!」

道道 867 号「達布石狩沼田停車場線」を北に向かいます。またしても霧模様ですね。 幌新ダム 「幌新太刀別川」を「幌新橋」で渡ると、オートキャンプ場の入口がありました。右の方には「幌新ダム」がある筈なのですが、このアングルでは見えないですね……。 …

春の道北・船と車と鉄道で 2016 (145) 「『昭和恵比島線』踏切」

道道 549 号「峠下沼田線」を北に向かっていますが……お、これは良い(?)S 字カーブが。このあたりの道路も北海道らしく碁盤の目状になっているのですが、何故かズレが生じたようです。 微妙に高低差があるようにも見えるので、まるで「根尾谷断層」のよう…

春の道北・船と車と鉄道で 2016 (144) 「沼田町=ほたるの里」

国道 275 号で美葉牛川を渡って沼田町に入りました。珍しくカントリーサインが綺麗に撮影できていました。 沼田町のカントリーサインは「ホタル」をモチーフにしたものなんですね。 碧水のモダにとどめを刺したと思しき「深川留萌道」の沼田 IC は、この先 2…

春の道北・船と車と鉄道で 2016 (143) 「碧水(北竜町)」

国道 275 号と道道 94 号「増毛稲田線」がクロスする交叉点にやってきました。左折して国道 275 号を北上することにします。 このあたり(北竜町和(やわら))は北竜町の中心部と言えるエリアで、役場や郵便局、小学校や公民館などが立ち並んでいます。「町…

春の道北・船と車と鉄道で 2016 (142) 「みずほの里」

道道 94 号「増毛稲田線」で北竜町和(やわら)に向かいます。この先で、再び恵岱別川が北竜町と雨竜町の境界となりますが、川は谷の南側を通っているので、川沿いの平地は北竜町側に偏在しています。 簡単に言えば、この写真だと平地が北竜町側で、斜面が雨…

春の道北・船と車と鉄道で 2016 (141) 「幅 200 m ほどの回廊エリア」

いつの間にか北竜町に入っていましたが、北竜町(恵岱別川沿い)に入ってから急に峠らしくなってきましたね……。この覆道は「北勇覆道」と言うそうですが、由来は何なんでしょう……? ちなみに、覆道の右側、50 m ほど下に恵岱別川が流れていますが、恵岱別川…

春の道北・船と車と鉄道で 2016 (140) 「最高地点がどこがわからない『御料峠』」

道道 94 号「増毛稲田線」で増毛から妹背牛に向かいます。妹背牛に向かった理由は……いや、単に道道 94 号を一度走ってみたいなぁ、と思っただけなのですが(汗)。 信砂川沿いを通る道道 94 号は、途中で何度か信砂川を渡ることになります。最初の橋は「我路…

春の道北・船と車と鉄道で 2016 (122) 「青山越えで浜益へ」

新十津川町吉野のすぐ近く(南西側)には、徳富側の支流である「ルークシュベツ川」に「新十津川ダム」が建設されて、そのダム湖は「留久貯水池」と呼ばれています(貯水池の名前に「留まり久しい」とは中々洒落ていますね)。 その「ルークシュベツ川」を越…

春の道北・船と車と鉄道で 2016 (121) 「どこかにあるユートピア」

国道 451 号を西に向かいます。このあたりも開拓地の常で、直線道路が続きます。 集落からは遠ざかっている筈ですが、この先は追い越し禁止・40 km/h 制限になるようです。 いきなり峠道 「ふーん」と思いながら走っていると……うわっ! いきなり(北海道にし…

春の道北・船と車と鉄道で 2016 (120) 「川の向こうの新十津川へ」

国道 451 号でとりあえず新十津川に向かいます。アンダーパス手前の信号が青になったので、発進しましょうか。 JR の西側(JR と石狩川の間)も市街地が広がるものの、建物と建物の間隔にゆとりがあります。郊外型の店舗もいくつかあるようです。 空知中央バ…

春の道北・船と車と鉄道で 2016 (119) 「Day 5 スタート!」

「春の道北・船と車と鉄道で 2016」の Day 4 は滝川市の「三浦華園」に宿泊して……というところまで進んでから半年以上が経過しましたが、皆さん如何お過ごしでしょうか。5 年前の旅の記憶を思い起こしながら、ダラダラと再開です。 一夜の宿を提供いただいた…

アイヌ語地名の傾向と対策 (801) 「沼田ポン川・ポンポンニタシベツ川・アイトナイ川」

やあ皆さん、アイヌ語の森へ、ようこそ。 (この背景地図等データは、国土地理院の地理院地図から配信されたものである) 地図をクリックしたら地理院地図に飛べたりします。 沼田ポン川(ぬまた──) pon-nitat-kom(-us)-pet小さな・谷地・曲がり(・多くあ…

アイヌ語地名の傾向と対策 (800) 「幌美里川・小豆川・シュリ川」

やあ皆さん、アイヌ語の森へ、ようこそ。 (この背景地図等データは、国土地理院の地理院地図から配信されたものである) 地図をクリックしたら地理院地図に飛べたりします。 幌美里川(ほろぴり──) poro-piri(-pet)大きな・渦(・川) (典拠あり、類型あ…

Bojan のホテル探訪~「三浦華園」編(朝食編)

夜が明けて翌日の朝を迎えました。Day 3 の朝が早かったことを考えると、この日は割とゆっくり目の起床でしたね……。 天気は生憎の雨模様です。土砂降りで無いだけマシと言ったところでしょうか。左手の奥の方に「スマイルビル」というロゴが……読めないですが…

Bojan のホテル探訪~「三浦華園」編((当時独身)編)

3F にあるレストラン「料理茶屋 華月」で美味しい夕食をいただいたので、ついでに(?)館内を少しウロウロしてみることにしましょう。これは 3F から 2F に降りる階段だったと思いますが、踊り場にも椅子が並べてあったりして、なんかいい雰囲気です。 なか…

Bojan のホテル探訪~「三浦華園」編(夕食編)

最近は、時間に余裕がある場合は夕食込みの宿泊プランを選ぶことが多いのですが、この時はちょっとユニークかもしれないプランを選択しました。夕食は「中華レストランで 1,080 円まで利用可能なチケットつき」というものです。 よーく見ると「追加分はチェ…

Bojan のホテル探訪~「三浦華園」編(お部屋編)

Day 3 のお宿は滝川市の「三浦華園」さんです。Day 2 が「洞爺湖万世閣ホテルレイクサイドテラス」だっただけに、随分と文字数が少なくなりましたね……(そこか)。 照明灯のポールにも "hotel miura kaen" の文字が。「三浦華園」という名前からはどうしても…

春の道北・船と車と鉄道で 2016 (118) 「江部乙に SPAR があった頃」

国道 12 号を南西に向かい、須麻馬内川(すまうまない──)を渡って滝川市に入りました。 カントリーサインにはグライダーが描かれていますが、滑空場があるんですよね。 2 km 先に道の駅「たきかわ」がある……らしいのですが、あれっ、どの辺にありましたっけ…

春の道北・船と車と鉄道で 2016 (117) 「『ウロコダンゴ』をゲット!」

わざわざ深川駅まで足を運んだにもかかわらず、何も得られないまま石狩川に戻ってきました。「泥跳ね注意」という警告は珍しいですよね。 もう一度「深川橋」を渡ります。この橋は北側のみトラス橋で、南側(氾濫原側)は普通のガーター橋(でいいのかな?)…

春の道北・船と車と鉄道で 2016 (116) 「道道 284 号『深川停車場線』」

では、そろそろ「ねこバス」の見える「戸外炉峠駐車公園」を後にすることにしましょう。 ということで車に戻り…… 道道 79 号「深川豊里線」で深川市内に向かいます。道道からは「ねこバス」はこんな風に見えるんですね。 扇状地と言えば果樹園 右に左にとカ…

春の道北・船と車と鉄道で 2016 (115) 「戸外炉峠のねこバス」

道道 79 号「深川豊里線」は左折……ということですので、素直に左折します。 このあたりの道道 79 号も、勾配やカーブの回転半径がなるべく一定になるように設計されています。概して走りやすい道と言えそうです。 真正面に素晴らしい展望が開けてきました。…

春の道北・船と車と鉄道で 2016 (114) 「道道よりも市道?優先」

新城峠(しんじょう──)を越えて深川市に入ったのも一瞬だけで、内大部川を渡ると旭川市に入ってしまいました。このあたりは内大部川が深川市と旭川市の境界なんですね。 300 m 先に、道道 79 号「深川豊里線」との分岐があるようです。 左折して、道道 79 …

春の道北・船と車と鉄道で 2016 (113) 「深川を駆け抜ける一瞬の僕ら」

「カナディアンロード線」の終点(起点かも)にやってきました。左折すると芦別市街に戻ってしまいそうですので、右折することにしましょう。 カーブや高低差はありそうですが、センターラインの整備された走りやすそうな道です。 このあたりは田んぼや畑が…

春の道北・船と車と鉄道で 2016 (112) 「カナディアンロードをゆく」

国道 452 号を東に向かいます。前方から路線バスがやってきましたが、バス同士のすれ違いだと少し注意が必要な道幅のようですね。 橋の名前も一捻り 先程の橋の名前が「弥生橋」で、今度は「如月橋」です。3 月、そして 2 月と続いたことになりますね。 右側…

春の道北・船と車と鉄道で 2016 (111) 「星の降る里と大学の関係」

星槎大学芦別キャンパスの前を通過して、「緑泉公園」という公園の近くにやってきました。航空写真では右側は空き地が広がっているように見えますが、かつてはアパートが整然と並んでいたみたいです。 国道 452 号は「緑泉公園」の前で左折して芦別川を渡る…

春の道北・船と車と鉄道で 2016 (110) 「頼城駅ロータリー跡」

多くの車が道道 135 号「美唄富良野線」で富良野に向かう中、国道 452 号を直進して芦別の市街地に向かいます。サキペンベツ川の橋が見えてきましたが…… 気になる?橋の名前は「七夜橋」(ななよ──)とのこと。なにか所以があるのか、あるいは全く適当に名付…