Bojan International

旅行記・乗車記・フェリー乗船記やアイヌ語地名の紹介など

上川郡美瑛町

北海道のアイヌ語地名 (907) 「島牛川」

やあ皆さん、アイヌ語の森へ、ようこそ。 (この背景地図等データは、国土地理院の地理院地図から配信されたものである) 地図をクリックしたら地理院地図に飛べたりします。 島牛川(しまうし──) suma-us-nay???岩・ついている・川 (??? = アイヌ語に由来…

北海道のアイヌ語地名 (906) 「珍別・瑠辺蘂川・オマン川」

やあ皆さん、アイヌ語の森へ、ようこそ。 (この背景地図等データは、国土地理院の地理院地図から配信されたものである) 地図をクリックしたら地理院地図に飛べたりします。 珍別(ちんべつ) o-ichan-un-pet???河口・鮭鱒の産卵場・ある・川 (??? = アイ…

北海道のアイヌ語地名 (905) 「俵真布・朗根内・横牛」

やあ皆さん、アイヌ語の森へ、ようこそ。 (この背景地図等データは、国土地理院の地理院地図から配信されたものである) 地図をクリックしたら地理院地図に飛べたりします。 俵真布(たわらまっぷ) penke-sunku-taor-oma-p?川上側の・エゾマツ・川岸の高所…

北海道のアイヌ語地名 (904) 「クワウンナイ川・化雲岳」

やあ皆さん、アイヌ語の森へ、ようこそ。 (この背景地図等データは、国土地理院の地理院地図から配信されたものである) 地図をクリックしたら地理院地図に飛べたりします。 クワウンナイ川 kuwa-un-nay??1杖・入る・川ka-un-nay??2上・に入る・川 (??1 = …

利尻・礼文の旅 2012/夏 (212) 「くまー!」

「青い池」を後に 「青い池」を堪能したので、駐車場に戻ります。9 月の平日の朝ですが、結構な数の車が停まっていますね。 道道 966 号線をちょいと戻って、白金インフォメーションセンターに向かいます。 白金インフォメーションセンター これがインフォメ…

利尻・礼文の旅 2012/夏 (211) 「青い池」

この先「青い池」 「青い池」の堰堤にやってきました。右手に池が広がります。 確かに、普通の池よりちょっと乳白色の、まるで入浴剤のような色をしていることが見て取れます。 歩を進めていくと……。おお、これはまさしく……! 「青い池」四変化 光の加減もあ…

利尻・礼文の旅 2012/夏 (210) 「『青い池』は何故青いのか」

行く手を阻むいつものマーク 駐車場の先は、一般車両は通行止めになっています。 ということで、駐車場に車を停めて…… 「青い池」見物へと出かけましょう。 何故青いのか 「青い池」が有名になったのは比較的最近のことなので、「青い池案内図」もまだまだピ…

利尻・礼文の旅 2012/夏 (209) 「白い道の先には」

白い道 美瑛町某所に向かっています。逆光補正のために白っぽい画像ですいません。 やがて道は森の木々に囲まれ…… 「白金インフォメーションセンター」の前を通り過ぎ…… 森の中の一本道を進んでいくと…… いきなり到着です。 青い池 到着したのは、工事用車両…

利尻・礼文の旅 2012/夏 (208) 「電車式大衆居酒屋」

視線の先に何かが見える 国道 237 号線を美瑛の町に向かって下りていきます。何かが見えますねー。 何が見えるのか……そう、こちらです。 相変わらず遠目にもインパクト抜群だなぁ、などと思いつつ、前は通らず交差点を左折します。 電車式・大衆居酒屋・安宿…

アイヌ語地名の傾向と対策 (177) 「置杵牛・ニタチパウマナイ川・オヤウンナイ川」

やあ皆さん、アイヌ語の森へ、ようこそ。 (この背景地図等データは、国土地理院の電子国土Webシステムから配信されたものである) 置杵牛(おききねうし) o-kikinni-us-i?川尻・エゾノウワズミザクラ・多くある・ところ (? = 典拠あるが疑問点あり、類型…

アイヌ語地名の傾向と対策 (176) 「雨紛・辺別・宇莫別」

やあ皆さん、アイヌ語の森へ、ようこそ。 (この背景地図等データは、国土地理院の電子国土Webシステムから配信されたものである) 雨紛(うぶん) upun??1吹雪(h)up-un-i??2トドマツ・そこにある・ところ (??1 = 典拠あるが疑わしい、類型未確認)(??2 = …

アイヌ語地名の傾向と対策 (37) 「美馬牛・美瑛・神楽・旭川」

本日も、道央の美しい地名の話題をお届けします。 美馬牛(びばうし) pipa-us-iからす貝・多くある・所 (典拠あり、類型多数) つい馬刺しやユッケが恋しくなる地名ですが(←)、アイヌ語では間違いようのない地名です。pipa-us-i で「からす貝・多くある…

北海道・東北の旅 2010/夏 (63) 「富良野と言えば」

「三航北国日誌」第 63 回です。本日の記事は、ご覧のスポンサーの提供でお送りします(← 富良野と言えば さてさて……。幾寅から樹海峠を越えて、富良野にやってきました。 もうちょっと富良野らしい写真が撮れないものか、とお叱りを受けそうな気がしてなり…