Bojan International

旅行記・乗車記・フェリー乗船記やアイヌ語地名の紹介など

通行止

春の道北・船と車と鉄道で 2016 (112) 「カナディアンロードをゆく」

国道 452 号を東に向かいます。前方から路線バスがやってきましたが、バス同士のすれ違いだと少し注意が必要な道幅のようですね。 橋の名前も一捻り 先程の橋の名前が「弥生橋」で、今度は「如月橋」です。3 月、そして 2 月と続いたことになりますね。 右側…

夏の焼尻・天売・道北の旅 2015 (98)「空白の『開通予定』」

国道 275 号の「えんじん橋」を駆け下りると、前方に T 字路が近づいてきました。どうやら普通の T 字路のようで、国道 275 号と言えども一時停止が必要なようです。 伝統を大切に(ぉぃ 国道 275 号を南下して幌加内町の添牛内や北竜町の碧水に向かうには、…

夏の焼尻・天売・道北の旅 2015 (96)「道道 688 号・名寄側の終点」

北海道電力の「雨竜発電所」を横目に眺めながら、道道 729 号「朱鞠内風連線」を西に向かいます。名寄市と幌加内町の境界は、定番の分水嶺上にあります。 幌加内町のカントリーサインは「- 41.2 ℃」の観測史上最低気温(でしたっけ)をあしらったものです。 …

夏の焼尻・天売・道北の旅 2015 (58)「右も左も通行止め」

遠別町の道道 688 号を「行けるところまで」進みます。日差しの加減か、急に暗くなったと思ったのですが…… あわわわわ……。結構勢いよく雨が叩きつけてきました。 もっとも、雨粒は小ぶりなものでしたし、一過性の通り雨だったのですけどね。程なく晴れ間が復…

夏の焼尻・天売・道北の旅 2015 (46)「羽幌炭礦鉄道病院」

続いて見えてきた建物は…… 「羽幌炭礦鉄道病院」とあります。実際に病院として使用されていた頃の写真が出ていますが、こちらはかなり見る影も無い状態……と言った感じでしょうか。 何をいまさら……という話ですが、廃墟めぐりをする場合、夏場は草が生い茂っ…

利尻・礼文の旅 2012/夏 (49) 「我、流転ス」

ここまでのあらすじ 朱鞠内から蕗の台まで、道道 528 号で北上を目指すも、見事に「通行止」を喰らってしまったので…… 今度は母子里から西に、蕗の台を目指します。 たとえ人影が皆無でも 昔、と言ってもそれほど大昔ではないのですが、この辺りには JR 深名…

利尻・礼文の旅 2012/夏 (48) 「我、転進ス」

朱鞠内から蕗の台へ 朱鞠内湖のあたりを通り過ぎてから「朱鞠内湖を一周しよう!」と決心し(←)、およそ 30 分ほどかけて幌加内町朱鞠内まで戻ってきました。 道道 528 号も、朱鞠内湖畔に抜ける道は良く整備されているのですが、その先はご覧の通り。 道幅…

道東の旅 2011/春 (46) 「知床峠中止のお知らせ」

知床峠中止のお知らせ さぁ、知床峠方面最後のガソリンスタンドを横目に見ながら、知床峠にアタック開始です! ところが、やはり…… 「通行止」の案内が。そのまま走り続けていると、 本当に通行止めでした。うぅーん、ゴールデンウィークには除雪が完了して…

春の道央・道北の旅 2010 (68) 「宗谷岬牧場」

唐突に通行止め 宗谷丘陵にて「周氷河地形」をのんびりと眺めていたのですが……残念ながら、ここから先は通行止めとのこと。 ふと周りを見渡してみると……なにやら妙なものが。気象関係のレーダーサイトでしょうか。 そして、ここもやはり風が強いようで、風力…