Bojan International

旅行記・乗車記・フェリー乗船記やアイヌ語地名の紹介など

厚岸郡厚岸町

アイヌ語地名の傾向と対策 (266) 「タンネヌンベ川・オモシロンベツ川・ホマカイ川」

やあ皆さん、アイヌ語の森へ、ようこそ。 (この背景地図等データは、国土地理院の地理院地図から配信されたものである) タンネヌンベ川 tanne-nu-un-pet??長い・豊漁・ある・川 (?? = 典拠なし、類型あり) 塘路湖の東側に南流する川の名前です。塘路湖の…

アイヌ語地名の傾向と対策 (262) 「オタクパウシ・ルークシュポール・チョロベツ川」

やあ皆さん、アイヌ語の森へ、ようこそ。 (この背景地図等データは、国土地理院の地理院地図から配信されたものである) オタクパウシ o-takuppa-us-iそこに・谷地坊主・多くある・ところ(川) (典拠あり、類型あり) 釧路町東部にある地名です。少し離れ…

アイヌ語地名の傾向と対策 (259) 「タッカルウシ川・中茶安別・セタニウシ」

やあ皆さん、アイヌ語の森へ、ようこそ。 (この背景地図等データは、国土地理院の地理院地図から配信されたものである) タッカルウシ川 tat-kar-us-i?樺の木の皮・取る・いつもする・ところ (? = 典拠未確認、類型多数) 別寒辺牛川の支流の一つで、標茶…

アイヌ語地名の傾向と対策 (258) 「然内川・矢臼別・フッポウシ川」

やあ皆さん、アイヌ語の森へ、ようこそ。 (この背景地図等データは、国土地理院の地理院地図から配信されたものである) 然内川(しかるんない──) sikari-un-nay?水の回流するところ・ある・川 (? = 典拠あり、類型未確認) 別海町別海と中西別の間で西別…

道東の旅 2013/春 (180) 「あらこんなところに」

おそろしく快適な国道 272 号 おそろしく快適な国道 272 号で釧路に向かいます。 それにしても……ため息が出そうなくらいのいい道ですよね。 ここから厚岸町 別海町を抜けて、ここからは厚岸町です。ただ、厚岸町ですが、国道 272 号から厚岸駅のほうに出るこ…

函館~根室 各駅停車の旅(番外編)#6 「釧路へ」

自然豊かな 釧路行き 5628D は、自然豊かな別寒辺牛湿原を抜けて、厚岸に到着しました。 そう言えば、目の前のシートもかなり自然豊かなデザインでしたね。 これは……何? 厚岸から 5 分ほどで、次の門静に到着したのですが…… これ、一体何なんでしょう。拡大…

函館~根室 各駅停車の旅(番外編)#5 「別寒辺牛湿原」

別寒辺牛湿原 釧路行き 5628D は、9:39 に糸魚沢に到着しました。駅の南側には灌木が生い茂っていましたが…… ほどなく灌木は姿を消し、一面の草原……いや、湿原が見えてきました。 やがて湿原の中に川が見えてきました。 豊かな生態系を垣間見る この川は「別…

函館~根室 各駅停車の旅 (48) 「門静・厚岸・糸魚沢・茶内・浜中・姉別」

門静駅 尾幌駅から 8 分ほど走ると、次の門静駅です。釧路から門静までは、ずっと海から離れた内陸部を通ってきましたが、門静から次の厚岸まではずっと海沿いを走ることになります。昼間であれば、こんな車窓が楽しめる区間です。 厚岸駅 おいしい牡蠣でお…

函館~根室 各駅停車の旅 (47) 「釧路・東釧路・武佐・別保・上尾幌・尾幌」

釧路駅(K53) では、釧路からは 5639D で根室に向かいます。 5639D 釧路 18:31 → 根室 20:52 出発~進行! ……と行きたかったのですが、なんと対向列車(5638D)がシカと衝突して遅れが生じているらしく、根室行き 5639D の出発も 16 分ほど遅れるとのこと。…

アイヌ語地名の傾向と対策 (93) 「厚岸・門静・尾幌」

今回は、厚岸町内の地名を三つほどご紹介します。 厚岸(あっけし) at-ke-us-iおひょう(楡)の皮・剥ぐ・いつもする・所 (典拠あり、類型あり) 厚岸と言えば……牡蠣ですよね! ということで、今回は「バチラーさん」こと John Batchelor さんの「アイヌ地…

アイヌ語地名の傾向と対策 (92) 「床潭・奔渡・パラサン岬」

今回は、厚岸町の地名をいくつかご紹介します。 床潭(とこたん) to-kotan沼・村 (典拠あり、類型あり) 厚岸湖側ではなく厚岸湾に面した厚岸町南部の地名で、厚岸駅から厚岸大橋を渡ってずーっと南に向かったところにあります。ふー、厚岸ばかりで大変で…

道東の旅 2011/春 (158) 「重蘭窮仙鳳趾知方学老者舞……」

いえいえどう致しまして 厚岸から国道 44 号を西へ向かっていたところ……。 こんな看板が。「ありがとうございました。」と書かれているのがいいですね(U ターンして何 km、ではなくて)。 ダブルミルク? そして、そのちょい先にはこんな看板が。 「ダブル…

道東の旅 2011/春 (157) 「生牡蠣の次は安いガソリン」

生牡蠣の次は というわけで、厚岸で生牡蠣を堪能した後、道の駅 1 階のお土産屋さんで色々と土産物を仕入れてきたのでした。ついでにこんなものまで。 ちょっと判りづらいですが、「生どら焼」というものです。「要冷蔵」と書いてあるのですが、何がどう生な…

道東の旅 2011/春 (156) 「厚岸と言えば」

まずはレストランに 厚岸の道の駅「コンキリエ」にやってきました。 ちょうど、この二階の部分がレストランになっています。 メニューは豊富に取り揃えられているようですが、厚岸で味わうべきといったらこれです! 厚岸と言えば じゃーん! はい。厚岸と言…

道東の旅 2011/春 (155) 「道の駅『コンキリエ』」

厚岸大橋 根室から「北太平洋シーサイドライン」をずーっと走ってきて、ようやく厚岸の中心地にやってきました。交差点を右折して橋を渡れば厚岸駅です。 「厚岸大橋」が見えてきました。 随分と立派な鉄橋ですね。 それもその筈で、この「厚岸大橋」、「厚…

道東の旅 2011/春 (154) 「『散布』は『さんぷ』ではない」

「さんぷ」じゃない 「諸般の事情」で、火散布から厚岸に向かって急いでいたところ、途中にトンネルがあったのですが…… 「散布トンネル」とあります。ふつーに「さんぷトンネル」と呼んでしまいそうですが、これはおそらく「ちりっぷトンネル」と読むのでし…