Bojan International

旅行記・乗車記・フェリー乗船記やアイヌ語地名の紹介など

北見市

道東の旅 2013/春 (224) 「踏切あり」

踏切あり 道道 143 号線の「相内橋」で無加川を渡ります。国道 39 号まではもうすぐですね。 ……と思ったら。そう、国道の南側には JR 石北本線が走っていたのでした。「30 m 先」「踏 切 あ り」の看板は、懐かしい蒸気機関車のデザインです。 そして、30 m …

道東の旅 2013/春 (222) 「訓子府町へ」

北見北上 IC ができる前 道道 27 号「北見津別線」を南に向かいます。かつての「津別町営バス」もこの道を走ったのでしょうか。 「北見道路」が見えてきました。現在はこの場所に東行きの「北見北上 IC」ができていますが、開通直後の当時(2013 年 5 月)は…

道東の旅 2013/春 (221) 「とん田通」

急に鳥居があったので 北見市の中心部にやってきました。前方の信号が赤に変わったので、ふと右を見てみると……おわっ! そこには突然の鳥居が。ここは「北見神社」と言うのだそうです。北海道の開拓は明治から大正、昭和にかけて急ピッチで進んだので、お寺…

道東の旅 2013/春 (220) 「北見道路!リターンズ」

道民雑誌と言えば 美幌町高野から、北見市端野に向かいます。あ、「道民雑誌クォリティ」の看板が見えますね。 北見と言えば 北見市端野に入りました。ラグビーボールを持った玉ねぎがお出迎えです。このカントリーサインは良くできてますよね……(笑)。 いつ…

アイヌ語地名の傾向と対策 (229) 「チャシポコマナイ川・木禽川・サラカオーマキキン川」

やあ皆さん、アイヌ語の森へ、ようこそ。 (この背景地図等データは、国土地理院の地理院地図から配信されたものである) チャシポコマナイ川 chasi-pok-oma-nay?砦・しも・そこにある・川 (? = 典拠あるが疑わしい、類型多数) 北見市東部、旧・端野町川向…

アイヌ語地名の傾向と対策 (228) 「相内・北見・シュブシュブナイ川」

やあ皆さん、アイヌ語の森へ、ようこそ。 (この背景地図等データは、国土地理院の地理院地図から配信されたものである) 相内(あいのない) aynu-o-nay人(アイヌ)・そこに多く居る・川 (典拠あり、類型あり) 北見市留辺蘂と北見市街の間に位置する地名…

アイヌ語地名の傾向と対策 (227) 「仁田布川・金華・ハナワビバウシ川」

やあ皆さん、アイヌ語の森へ、ようこそ。 (この背景地図等データは、国土地理院の地理院地図から配信されたものである) 仁田布川(にいたっぷ) nitat-pa-oma-p湿地・かみて・そこにある・もの (典拠あり、類型あり) JR 石北本線の安国(やすくに)駅の…

道東の旅 2013/春 (115) 「地元仕様の案内標識」

丘を駆け上がる 北見東 IC からは、道道 122 号線経由で美幌道路に向かいます。いかにも北海道らしく、まっすぐに伸びた道が丘を駆け上がっていきます。 ちなみに、この交差点を左折すると緋牛内(ひうしない)への近道だったりしますが、今回はパス……です。…

道東の旅 2013/春 (114) 「北見川東 IC~北見東 IC」

北見道路特集(完) えー、「北見道路特集・完全版」もとうとう最終回と相成りました。 ラストスパートっ 北見川東 IC を過ぎると、北見道路は緩やかな左カーブを描きます。(現時点での)終点の「北見東 IC」まではあと 2 km です。北見中央 IC とは違い、…

道東の旅 2013/春 (113) 「北見中央 IC~北見川東 IC」

今夜も懲りずに北見道路特集 いつの間にか「北見道路特集・完全版」になっちゃってますが……(汗)。 北見中央 IC 北見中央 IC の出口が見えてきました。北見西 IC から数えて 3 つめの IC ですが、IC 番号は「2」です(供用開始が遅れた北見北上 IC は「1-1…

道東の旅 2013/春 (112) 「北見北上IC~北見中央IC」

北見道路特集 期待している人は誰もいないような気がする(言い過ぎ)北見道路特集、二日目の今夜は「北見北上 IC」から「北見中央 IC」の特集です。 第 1 南丘トンネル 北見北上 IC を過ぎると、すぐに「第 1 南丘トンネル」(1388 m)に入ります。ちなみに…

道東の旅 2013/春 (111) 「北見西IC~北見北上IC」

北見西 IC ごくいちぶで話題沸騰中(どこでだ)の「北見道路」の話題を続けます。2013 年 5 月時点での「起点」である「北見西 IC」にやってきました。 なんとなく舗装も中途半端だったりするのですが、それはそうとして、歩行者の方が……。もちろん、ここは…

道東の旅 2013/春 (110) 「絶賛整備中!」

さすがにお腹も空いてきたので いちぶで話題沸騰中の「北見道路」を走ってみるべく、国道 39 号を離れて南へと向かいます。 さて。時間はそろそろ 14:30 になろうかという頃だったのですが、そう言えば、まだお昼ごはんを食べていなかったのでした(予定外の…

道東の旅 2013/春 (109) 「そこに愛はあるのか」

そこに愛はあるのか そんなこんなで、国道 39 号を東へと車を走らせていたところ、とある歯科クリニックの看板が目に入りました(看板好きだよね)。 見やすいように拡大しておくと…… はい。「あいない歯科クリニック」と書いてありますね。これのどこがポイ…

道東の旅 2013/春 (108) 「北見道路!!開通しました!!!」

道路情報掲示板 「道路情報掲示板」というものがあります(色々な呼び方があるようですが、とりあえず Wikipedia の記事名に合わせて見ました)。本来の用途は、たとえばこのように、交通規制情報などを掲示するものです。 掲示すべきトピックが無い場合など…

道東の旅 2013/春 (107) 「無加川に架かる武華橋」

無加川に架かる武華橋 北見市留辺蘂の国道 39 号線を東へと向かいます。 留辺蘂の市街地を抜けたあたりで、前方に橋が見えてきました。 どうやら、ここで無加川を渡るようです。 そして、橋の名前は…… 「武華橋」でした。無加川に架かる武華橋。どっちも「む…

道東の旅 2013/春 (106) 「『常紋峠』と『タコ部屋労働』」

「金華」は「かねはな」 国道 242 号線の「金華峠」を越えて、北見市に入りました。この日のスタート地点は北見市常呂町でしたから、ようやく北見市に「戻ってきた」ことになりますね。 奔無加川(ぽんむか──)沿いを下りていったところに、北見市留辺蘂町金…

アイヌ語地名の傾向と対策 (220) 「仁倉・栄浦・鐺沸」

やあ皆さん、アイヌ語の森へ、ようこそ。 (この背景地図等データは、国土地理院の地理院地図から配信されたものである) 仁倉(にくら) nikur-an-petアザラシ・群在する・ところ (典拠あり、類型あり) 佐呂間町東部、浜佐呂間にほど近いところの川名・地…

アイヌ語地名の傾向と対策 (219) 「留辺蘂・プトイサロマ沢川・ワカケレベツ沢川」

やあ皆さん、アイヌ語の森へ、ようこそ。 (この背景地図等データは、国土地理院の地理院地図から配信されたものである) 留辺蘂(るべしべ) ru-pes-pe路・沿って下っている・もの (典拠あり、類型多数) 無加川中流域に存在したかつての町名(現在は北見…

道東の旅 2013/春 (79) 「白鳥の畑」

白鳥の畑 常呂町(北見市)の中心部から、再びサロマ湖畔に向かって車を走らせ始めたところ……畑が見えてきました。いや、畑はあちこちにあるんですけどね。 実は、よーく見ると…… 畑の一角に、結構な数の鳥がいるのがわかります。これは白鳥でしょうか? お…

道東の旅 2013/春 (78) 「オホーツク国道の裏側の更に裏側」

カーリングの街・常呂 「カーリングの街」常呂にやってきました。 ……やってきたのは良いのですが、例によって何の下調べもせずに来たので、どこに行けばいいのかわからず。さっきの信号を左折していたら常呂駅の跡に辿り着けたらしいのですが、おもいっきり…

道東の旅 2013/春 (77) 「オホーツク国道の裏側」

オホーツク国道の裏側 常呂町中心地の手前で国道 238 号に合流しました。国道 238 号「オホーツク国道」は、案内標識の裏側が写真パネルになっているケースが多いですね。 ここはと言うと、ナナカマドの写真が貼られていました。「オホーツク国道」は Okhots…

道東の旅 2013/春 (76) 「『環状の運搬補助装置』のようなもの」

「自然保護専用道路」をゆく それでは、「常呂高校ボランティア局」の皆さんによる展示が目を惹いた「ワッカ原生花園」ネイチャーセンターを後にして、車に戻りましょう。 その前に……例の通行止めゲートの先にあった「自然保護専用道路」を少しだけ歩いてみ…

道東の旅 2013/春 (75) 「ワッカ・原生花園・の楽しみ方」

北見市常呂町にある「ワッカ原生花園」ネイチャーセンターの話題を続けます。 ワッカ・原生花園・の楽しみ方 「ワッカ・原生花園・の環境」と題されたパネルの裏側は…… 「ワッカ・原生花園」 「の楽しみ方」と題されたパネルになっていました。なるほど、「…

道東の旅 2013/春 (74) 「ワッカ・原生花園・の環境」

ネイチャーセンターへ Go! それでは、「ワッカ原生花園」ネイチャーセンターを見に行きましょう。 ご覧の通り、なかなか立派な建物です。 では、中に入りましょう……。 中に入ってみると……おおっ! 誰もいません(そこか)。いや、まだ連休の初日の朝 9 時過…

道東の旅 2013/春 (73) 「許可車両以外は通行禁止」

行き先はいつも行き止まり かつての「湖の出口」にかかる栄浦大橋を渡ると、「ワッカ原生花園」のネイチャーセンターまではもうすぐです。 前方になにやら立派な建物が見えてきました。そして…… 「車両通行止め」の標識がついたゲートが。またしても「通行止…

道東の旅 2013/春 (72) 「ある日突然淡水湖が汽水湖に!」

Day 3 のルート……? 朝の 9 時を少し回ったところで、Day 3 のスタートです。この日の目的地は斜里郡斜里町の知床斜里駅前、ということは…… 実は、現在地からたった 83 km しかありません。Day 2 は 383 km もあったのに、この落差は一体……(汗)。もちろん…

Bojan のホテル探訪~「サロマ湖鶴雅リゾート」編(おしまい)

夕食と朝食はバイキングでした。一応、自分で盛りつけた後の写真は撮影してあるのですが、ここに掲載してしまうと逆効果になりそうな気がするので、今回は自粛します(汗)。 いい感じのロビー ……あ、そうすると後はネタが殆ど残ってないですね(今頃気づい…

Bojan のホテル探訪~「サロマ湖鶴雅リゾート」編(つづき)

続いては、いつもの通り水回り編です。 ごくごく一般的なバス・トイレ バス・トイレは、ビジネスホテルにあるものと違いはありません。 ご覧の通り、とても一般的な構造です。 あえて特色を見いだしてみると、このアメニティグッズ一式が置いてある棚でしょ…

Bojan のホテル探訪~「サロマ湖鶴雅リゾート」編

この日のお宿は佐呂間湖畔にある「サロマ湖鶴雅リゾート」でした。車寄せに停めたところ、あとは係の人が駐車場に入れて下さるとのこと。ちょうど雨も降っていたので、これ幸いとフロントに向かったのでした。 窓の外には ささっとチェックインを済ませた後…